クロスバイクに乗る時の姿勢〜肘のつっぱり具合

肘を軽く曲げる

クロスバイクに乗っている時、あなたは肘がピンとまっすぐ伸びていますか?それとも少し曲がっていますか?何気ないことですが、肘を見ることでその方の自転車に対する「スキル」を見ることができます。

肘を伸ばして腕を突っ張った乗り方はちょっと危ないかも。なぜ危ないのか、肘を突っ張るとはどういう状態なのか?について今回はお話ししたいと思います。

肘を突っ張って前のめりの状態って?

肘をつっぱってハンドルを握っている状態は、ハンドルに体重を掛けて腕でその重みを支えている状態です。このように体重を掛けている時にハンドルが何かに取られてしまうと、リカバリーできずに転倒しやすく危険です。

また、腕を突っ張ることで前輪から拾った振動が腕を伝わり、肩を伝わり、そのまま頭まで伝わります。頭まで振動が伝わると、視線がガクガクと上下に揺れます。視線が揺れ動くと視点が定まらず、周囲の状況を確認しにくくなるのでこちらも危険です。

一瞬楽な体勢のようにも感じるのですが、長時間にわたって腕で支え続けると腕や肩、手のひらに痛みが出ることがあります。僕もロングライドをした時に、まだまだ姿勢についてよくわかっておらず手を突っ張って乗っていたので、手のひらが赤く腫れてしまいました。それはもう痛くてたまりませんでした。体を支えるには腰や腹筋の方が向いているのだと思います。

肘を伸ばすには

肘が伸びている状態

肘がピンと伸びて、柔軟性のない棒のようになっている


肘が曲がっている

肘が軽く曲がっていて、振動を吸収するバネのようになっている

理想的な形は、肘を軽く曲げた状態です。この状態を作ろうとすると、体重を腕に預けるのではなく、腰で上半身を支えてあげなければいけません。

まず、サドルにまたがります。そのまま軽く肘を曲げた状態でハンドルを握ります。ハンドルの低さによってはかなり腹筋や背筋がキツい状態になると思いますが、これは支えるために十分な筋力がない証拠です。

腹筋や背筋がキツい場合はハンドルの高さを上げましょう。ステムのスペーサーを入れ替えて、ハンドルの位置を最も低い位置にしたことがあったのですが、かなりキツかったです。腹筋や背筋で支えきれず、結局腕を突っ張って上半身を支える乗り方になってしまいました。

ハンドルは低い位置についていればいるほど良いというものでもないので、自分の体に合ったセッティングにするのが良いですね。特にロングライドが多い場合には、姿勢の維持が楽なセッティングがオススメです。逆に短距離レースの場合はハンドルを下げる方が良いということになりますが、クロスバイクで短距離レースに出ることはまずありませんので、姿勢のバランスに合わせたハンドルの高さが良いのではないでしょうか。

肘を曲げると乗り心地が変わる

肘をピンと伸ばした状態だと、ロードノイズを多く感じてガタガタと乗り心地の悪い自転車に感じます。そこで肘を軽く曲げてクッションの役割をさせてみるとどうでしょうか。今までガタガタと感じていた振動が肘で吸収され、頭まで伝わらないことで随分ガタガタ感が軽減します。

また、体重をハンドルに預けずサドルに乗せる割合が増えるので、その分ペダルを踏む時の力も増加します。スピードアップも望めますね。

まとめ

意外に意識するまで気づかない、ライディングポジション。楽な姿勢だと思っていたら、実はそれが体に負担の掛かる乗り方だったというのが、肘の張り方だと思います。

もし、「肘を張って乗っているなぁ〜」と気づかれたら、一度肘を軽く曲げて腕と肩の力を抜いて乗ってみてください。自然と腰で支えるようなイメージになると思います。

特に腕や肩、首などの痛みがある方にはオススメです。その他に振動が頭まで伝わって視線がぐらつく方にもオススメです。若干腹筋と背筋が必要(特にインナーマッスル)になるので、最初は少ししんどいかもしれませんが、正しい姿勢で乗り続ければ鍛えられてきます。

是非一度、肘の張り具合をチェックしてみてくださいね!

  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)