リヤスプロケットをクロス化したら変速機能が落ちた⁉︎

リヤディレーラー ALTUS

スプロケットをクロスレシオ化する為に交換すると、シフトチェンジをしても「チャラチャラチャラガッチャン」と変速が上手く行かなくなりました。

僕は半ば強引に、リヤディレーラーの調整でその現象を軽減させましたが、どうやらワイドレシオのスプロケットとクロスレシオのスプロケットでは、リヤディレーラーのスラント角というものが異なるようです。今回はそのスラント角がどのようなものなのか?ということと変速機能が悪くなった原因についてお伝えしたいと思います。




ミストラルにはMTB用コンポが付いている

ミストラルのリヤディレーラーはshimano製のALTASというグレードが付いています。これはMTB用のディレーラーです。ワイドレシオなギヤ比(低速から高速までのギヤ比が大きい)に用います。

MTBのリヤスプロケット(後輪のギヤ)は11-32Tと歯の数の差が開いています。急な坂を登る用の軽いギヤから、下り坂でも加速できる重いギヤまで幅広いギヤが搭載されています。直径が小さなギヤから直径の大きなギヤまで、変速をコントロールしているのが、MTB用のディレーラーです。

それに対し、ロード用のディレーラーはクロスレシオ(低速から高速までのギヤ比が小さい)を想定して作られています。直径の大小の差が小さいギヤの変速をコントロールしています。MTBとロードでこれだけ変速時のギヤ比が違えば、変速機側もそれなりの作りになっていなければならないのは想像に難しくありません。この変速性能の違いにはスラント角というものが大きく影響しています。

スラント角とは?

タイヤの軸芯に対して、ガイドプーリーが移動する角度の事をスラント角と言います。いきなり言われてもなんのこっちゃ??ですよね。写真を用いてもう少しわかりやすく説明すると・・・。

ちなみに、スラントとは「斜線」という意味です。スラント角は「斜線の角度」。その意味をあたまに置いてスプロケットを見てみましょう。

リヤディレーラーのスラント角
MTBのスラント角

上の写真はクロス化したスプロケット。下の写真は標準搭載されているスプロケットです。

それぞれにスプロケット歯先を結ぶ線を引いてみます。タイヤの軸芯の線と結ぶとほら、角度が出てきたでしょう?この角度の線に沿ってガイドプーリーが動きます。このガイドプーリーが移動する角度を「スラント角」と呼びます。

MTB用とロード用ディレーラーのスラント角の違い

MTB用のディレーラーとロード用のディレラーは「スラント角」が違います。MTB用のスラント角は45度。ロード用は30度が一般的です。

MTB用のスプロケットは「ワイドレシオ」なので その分、ローギヤからハイギヤまでのギヤの直径の差が大きくなります。そのためスラント角も45度と大きくなければなりません。

それに対し、ロード用のスプロケットはクロスレシオ。ギヤの直径の差が少ないので、スラント角も30度と小さくなっています。

変速機能が落ちた原因はスラント角の違い

スラント角の差

変速機能が落ちてしまったのは、リヤスプロケットをMTB用からロード用に変えたのに、ディレーラーはMTB用のままだったので、スラント角(ガイドプーリーの移動する角度)が合わなかったということです。

いや〜リヤスプロケットを交換して半年以上になりますが、今更ですか?と自分に問いたくなりますね。というのも、たまに変速しにくいなということはありましたが、リヤディレーラーの調整でそれほど気にならないくらいまでの状態になっていました。もしかしてこれって奇跡のセッティングだったのかも・・・。

スプロケットとリヤディレーラーはセット交換がおすすめ

スプロケットをクロスレシオ化するときには、変速機能が落ちるのでリヤディレーラーもロード用に変更するのがおすすめです。もちろん予算の都合でできない場合には、「奇跡のセッティング」を見つけることができればしばらくは大丈夫かも??

交換するなら「SHIMANO(シマノ) RD-2400」がおすすめです。チェーンホイールは純正のままで、リヤスプロケットを13-23Tに交換した場合はトータルキャパシティが28になるので、「SHIMANO(シマノ) RD-2400 SS RD-2400」(SSの方)を選んでくださいね。
すが、SSはフロントギヤの歯数差が16Tまで。ミストラルのフロント歯数差は20Tなので「SHIMANO(シマノ) RD-2400 GS RD-2400」(GSの方)を選んでくださいね!

トータルキャパシティという言葉がでてきましたが、リヤディレーラーにはSSとGSがあります。その違いについてはまた次の機会に!

そう言いながら僕は「SORA」にしようかなぁなんて思っていますが・・・。







  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Kazuki より:

    いい情報いつもありがとうございます。
    スプロケット交換は、もう少し先にしようかな。
    先日、タイヤを23Cに交換しました。とてもいい感じになりましたよ。
    今、ハンドルを少し短くしてみようかなぁ、等と考えてます。
    次の更新、楽しみにしてます。

    1. chario より:

      Kazukiさん
      タイヤ交換おめでとうございます!ね、いいでしょう??w

      ミストラルのハンドルは長いと言われていますね。もう少し短いほうが、腕が疲れにくいのかな??
      100均でパイプカッターを売っていると、他のブログで見たことがあるのですが、もしあればローコストでカスタマイズできそうですね!

      みんな興味があると思うので、ハンドルを短くしたら是非facebookに写真を投稿してください!
      クロスバイクで自転車通勤はじめよう!Facebook

  2. まるちゃん より:

    お疲れ様です。
    ちょっとググってみたんですが、RD2400のSSはフロントダブル用らしく、フロントトリプルの場合はSGになるようです。
    因みにSORAクラスよりティアグラクラスにしないと、ミストラルのディレーラーが何かは分からないですが、場合によってはタウングレードになるかもしれません。

    1. chario より:

      まるちゃんさん
      ご指摘ありがとうございます!おっしゃる通り、RD2400-SSはフロントギヤ歯数差が16Tと表記されていました。
      ということはGSが正解ですね!

      間違った情報を公開してしまってすみませんっ!

      リヤディレーラーのSORA化については、将来BBをホローテック2に変えて、クランクもSORA化しようと考えている為です。
      さらに、リヤスプロケも9速化できるな・・・などと考えていたり。。。

      一気に変えるわけではないので、多少の不具合は覚悟の上なのですが、最近クランク周りが気になりだしていまして。
      カスタマイズ沼にはまってしまっている今日この頃なのです(汗)

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)