クロスバイクにフルクラムレーシング5を装着してみた!

Fulcrumracing5

どのホイールにするか散々悩んだ挙句、最終的にフルクラムレーシング5に決定しました!シマノのホイールをメインで探していたのですが、こちらのホイールを選択したのは自分でも意外でした。

なぜフルクラムレーシング5を選んだのかについて、装着手順、乗り心地についてお伝えしたいと思います!

なぜフルクラムレーシング5なのか

ホイールを探し始めた時の候補は「WH-RS21」「WH-6800」「WH-RS500」の3つが主な候補でした。それぞれの候補に対して考えたことをまとめたいと思います。

WH-RS21

引用:http://bike.shimano.com/

引用:http://bike.shimano.com/

特にウェブ上では「WH-RS21」の評価が高く、コストも15,000円ほどとクロスバイクには丁度良いくらいの価格です。そうはいっても車体の三分の一の価格ですから決して安くはないのですが、アップグレードにはちょうど良いくらいの価格です。しかし色々レビューを見るうちに、WH-R500から交換した場合、あまり変化が感じられないという意見も。ホイールの重量を見てみるとWH-RS21は前後で1,850gでWH-R500が1,944gと94gしか軽くなりません。ちょっと物足りない気がします。

実際にショップにも見に行ってみたのですが、何故か店頭には並んでいません。Amazonでも在庫切れになっていたりと品薄状態。調べてみると2017年6月のモデルチェンジのタイミングでカタログから外れ、WH-RS010が後継モデルになった様子です。重量は1,890gとWH-RS21よりも40g重いという結果に。ということでWH-RS21、WH-RS010は候補から外れました。

WH-6800

引用:http://bike.shimano.com/

引用:http://bike.shimano.com/

こちらのホイールはウェブ上でも皆さんの評価が高く、「最低でもこのホイールを選べ」と言われるくらいの代物です。違いを感じることができるホイールを求めるならこのホイールだなと感じていました。やはり総重量が1,640gとかなり軽くなるのが魅力です。ハードルといえばその価格でしょうか。国内だと4万円くらい。海外サイトだと3万円くらいの価格です。こちらのホイールもモデルチェンジのタイミングでカタログから外れてしまったので、市場で品薄状態に。どうしようか迷っているうちに海外サイトの在庫も無くなってしまいました。そうなると国内で4万円での購入になります。こうしてさらに悩みは深くなっていきました。さっと判断できていたら、WH-6800を掴んでいたかもしれません。

WH-RS500

引用:http://bike.shimano.com/

引用:http://bike.shimano.com/

WH-6800がカタログ落ちしたことでその後継がどのホイールかが話題になっていますが、おそらくWH-RS500だろうということでした。スペックもほぼ変わらず同じような効果を求めるならこのホイールです。ただ、価格が4.5万円と割高に。海外サイトでも3.5万円くらいです。この辺りから、クロスバイク本体の価格と同じくらいのホイールを選ぶのはちょっと勿体無いような気がしてきました。少し前に買っていたら3万円で買えていたのに、ほんの数日の差で3.5万円になった悔しさもあったのだと思います(笑)。

そんなこんなで、取り扱い終了と価格面からWH-6800とWH-RS500の2本は候補から外れました。

フルクラムレーシング5

フルクラムレーシング5

引用:http://www.fulcrumwheels.com/

そんな心の隙間に入り込んできたのが、フルクラムレーシング5でした。なんの気なしに調べてみると、重量は1,645gとWH-6800と比べて5gしか変わりません。しかも話題のワイドリムで通常15mm幅のところ17mm幅になっています。スポークもきしめんのようなエアロスポークでWH-6800ともよく比較されています。そのようなスペックでありながら、価格は海外サイトで25,000円と納得の価格です。クロスバイクにもってこいな価格とスペックではないでしょうか。

赤いニップルも派手すぎず差し色くらいで良い感じ。機能重視であまり派手なものを取り入れない派でしたが、少しの遊びごごろも良いかな?と思い、フルクラムレーシング5に決定しました。この重量でこの価格というのが一番の決め手になったと思います。ただ、ハブはカップアンドコーンではなく、シールドベアリングであることは知っておいた方が良いですね。

フルクラムレーシング5を装着

ホイールの梱包

ホイールともなると大きな箱で届きます。

箱を開けた

箱を開けるとホイールと一緒に購入したタイヤとチューブが入っています。コンチネンタルグランプリ4000S2の25Cを購入しました。

コンチネンタル

チューブもコンチネンタルです。バルブ長が42mmで装着はできますが、ちょっと短かったかも。

マニュアルとクイックリリース

ホイールの他に説明書、クイックリリース、スペーサーが入っています。

フルクラムのロゴ

クイックリリースにはフルクラムのロゴタイプが。かっこいいですね!

スペーサーが入っています

こちらにはスペーサが入っています。「FOR9s/10s」と書かれています。8sでもいけるのかな?

グミ

箱の底に何かがあると思い手を伸ばしてみると、なんとグミが入っていました。ほっこり笑顔になるサービスですね(笑)

接着剤の跡

ホイールを取り出して傷がないかチェックします。すると接着剤が垂れたような跡がありました。シールを貼る時に使う接着剤でしょうか?うむむむむ、残念ポイントです。

接着剤の跡

あらら、こちらにも接着剤が。こちらは拭き取ったような跡が残っています。

100%hand made

「100%HANDMADE QUALITY」と書かれていますが、ハンドメイドだから接着剤も垂れっぱなしなのかな?と皮肉なことを思ってみたり(笑)

スポークは平べったい

スポークは平べったいきしめんのようです。

アシンメトリック・リム・プロファイル

「アシンメトリック・リム・プロファイル」で左右非対称なリムの位置になっています。リムの真下から撮ってこのようなスポークの張り具合です。

17cワイドリム

17mmワイドリム。内側が17mmで外側は23mm。

フルクラムレーシング5 フロントホイールの重量

フロントホイールを実測。762g

フルクラムレーシング5 リヤホイールの重量

リヤホイールを実測。980gリヤがかなり重いように思います。実測値ではフロントとリヤで1742gと97gオーバー。

リムテープ

リムテープには20.5×622/28″の表示が。

フロントホイールの玉押し

フロントホイールのハブ。玉押しが付いています。

チューブに空気

チューブに少しだけ空気を入れておきます。

バルブから取り付け

まずは、バルブの部分からタイヤとチューブをはめていきます。

バルブの固定ネジを仮止め

バルブの固定ネジを仮締めしておきます。

タイヤの回転方向

タイヤの側面に転がる方向が書いてあるので、回転する方向を確認してからタイヤを装着します。

スプロケットを外す

タイヤが装着できたので、R500についているスプロケットを外します。

スプロケットを洗浄

チェーンクリーナーとフォーミングマルチクリーナーで洗浄します。

ピカピカのスプロケット

ピカピカになりました。

フリーにグリス

スプロケットを取り付ける前に軽くグリスを塗っておきます。

スペーサー

ホイールに付属していたスペーサーを入れます。

スプロケットを装着

スプロケットを装着します。

ロックリングを装着

ロックリングをしっかりと締め込みます。

クイックリリースにもグリス

クイックリリースにもうっすらとグリスを塗り込んでおきます。

クイックリリースを取り付け

クイックリリースをタイヤに取り付けます。

サイコンのマグネット

併せて、サイコンのマグネットも取り付けて、タイヤを自転車に装着します。

ブレーキとの隙間

ワイドリムになったのでブレーキとホイールの隙間がなくなってしまいました。ブレーキの位置を調整します。隙間が少なく、結構シビアな調整が必要な状態になりました。

25C コンチネンタル

フルクラムレーシング5(ワイドリム)に25Cのタイヤを装着した状態です。23Cの時と比較してタイヤが大きくなったような印象です。

赤いニップル

赤いニップルがアクセントになっていて良い感じです!

フルクラムレーシング5で走ってみる

漕ぎ出しがギヤ1枚分軽くなった印象です。いつも2速で漕ぎ出すのですが、気づいたら3速で漕ぎ出していました。気づかないくらい漕ぎ出しが軽くなっていました。特に上り坂は楽に感じました。そこから、25kmくらいまではあまり変わらない感じで、30km/hで巡行している感覚で32km/hくらい速度が出ている感じです。

一番感じたのが、よく転がるということです。ハブの性能が良いのだと思いますが、ペダリングを止めて転がすとなかなか減速しないのに驚きました。いつもの減速する感覚を体で覚えているのか、すーっと自転車が前に進んでいくような感覚です。

ラチェットの音はほぼ無音です。僕は爆音ラチェットよりも無音の方が好みなので、嬉しいポイントでもありました。

ワイドリムに関しては、タイヤを25Cに変えたのもあって、安定感が随分増しました。自転車通勤では縁石やアスファルトの亀裂、段差が多く、タイヤから結構な衝撃を受けるのですが、ロードノイズや段差による衝撃もマイルドになりました。

ホイールの交換前とびっくりするぐらい大きな差があるわけではありませんが、漕ぎ出しが軽くなるというのは自転車通勤においては大きなメリットです。また、安定感があるのも安全性において気持ちが楽になりました。

まとめ

クロスバイクのカスタマイズに合ったホイールということでは、このフルクラムレーシング5が価格と性能を見て、とても合っているのではないでしょうか。ストップアンドゴーの多い都会での自転車通勤。漕ぎ出しの軽さはとてもありがたいですね。

25Cに変えたタイヤの恩恵かもしれませんが、23Cの時はガツンと受けていた衝撃が柔らかくなり、縁石や路面の荒れも前と比べるとそこまで気を使わなくてもよくなりました。

安全に、しっかりメリットがあって、価格も手が出る範囲。シマノのモデルチェンジによる価格感の変動もあっての結果ですが、なかなか良いホイールだなと思います!

スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. はやひで より:

    では、次はフレームですね。
    ロードの。
    カーボンやね。
    わたしのはアルミ カーボンバックですわ

    1. chario より:

      はやひでさん
      フレーム・・・(笑)ついにその領域までやってきましたねwww
      カーボンバック、初めて知りました!へーアルミとカーボンの複合技なんですね〜!勉強になります!

  2. わーし より:

    お久しぶりです。
    ついにホイール変えちゃいましたね!
    カスタムお疲れ様です。

    私は、今年の6月に縁があってミストラルを他人に譲り、自分は知り合いからロードを譲ってもらい、ついにローディになりました。
    さらに、そのロードに元から付いていたセミディープリムのホイールがちょっと重かったので、レーシング3に変えちゃいました。

    なので、購入されたのがレーシング5でちょっと嬉しいです。笑

    季節も良いですし、久々にロングライドはいかがですか??

    1. chario より:

      わーしさん
      お久しぶりです!ついにホイールに手を出してしまいました(笑)。
      わーしさん今はローディーなんですね!ロードならレー3以上はいっちゃいますよね!フルクラムブラザーズということでよろしくお願いいたします!

      ロングライド!もちろん行きたいです〜!!渡月橋にまた行きたいなぁ〜^^

コメントを残す

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)