自転車通勤

自転車通勤中の水分補給では何を飲む?

真夏の水分補給

梅雨も明け、本格的な夏がやってきました。日差しが刺すように照り、何をすることなく汗が噴き出してきます。

30℃を超える日に忘れてはいけないのが水分補給。皆さんは何を飲んでいますか?自転車通勤中の水分補給でどのようなドリンクが最適なのか考えてみたいと思います。

自転車通勤で出る水分量

真夏の汗の量は半端ない量ですよね。僕も汗っかきなので自転車に乗っていなくてもタオルハンカチで汗を拭っています。

個人差もあるようですが、多い時期では1時間で1リットル以上の水分補給が必要になる場合があるそうです。

1時間1リットルを目安に考えると、僕の場合通勤時間が約40分のですので、660mlの水分補給が必要となります。500mlのペットボトルは飲み干して、さらに160mlほど追加が必要ということです。30分で500mlのペットボトル1本と考えるとわかりやすいかもしれませんね。それくらい真夏の暑さは水分を必要とします。思ったより多くの水分が必要なのですね。

どんな飲み物が適しているの?

アイソトニック飲料

まず候補として上がるのは「ポカリスエット」「アクエリアス」といったスポーツドリンクではないでしょうか。他にも「グリーンダ・カ・ラ」や「ゲータレード」などもよく目にしますね。

これらのスポーツドリンクは「アイソトニック飲料」と呼ばれています。細胞と浸透圧をがほぼ同じになるように作られているため、失われた水分を効率よく補給することができます。これは点滴などで使われる「生理食塩水」と同じ浸透圧です。

また、補給する成分として水分だけではなく、エネルギーとミネラルも必要です。糖分と塩分というとわかりやすいでしょうか。筋肉を使用することでエネルギーが消費されます。汗と一緒に塩分も排出されます。これら2つも一緒に摂取しなければいけません。スポーツドリンクにはこれらのエネルギーとミネラルも含まれているので、一緒に補給することができるという優れものです。

ハイポトニック飲料

その他にも「オーエスワン」「VARMウォーター」といった飲み物があります。これらは「ハイポトニック飲料」と呼ばれる飲み物で、スポーツドリンクよりも浸透圧が低く作られているため、より早く体に吸収されます。

ハイポトニック飲料の方にもナトリウムは含まれていて、糖質は少ないものが多いようです。エネルギーよりもより早い水分補給が求められるときは、アイソトニック飲料よりもハイポトニック飲料の方が向いているといえそうです。

コーヒーやお茶は?ビールは?

では、コーヒーやお茶といった飲み物はどうでしょうか?これらの飲み物にはカフェインが含まれています。カフェインには利尿作用があり体内の水分を排出しようとしてしまうので、水分補給にはあまり向いていません。

ミネラルウォーターはどうでしょうか?発汗量が多く素早く体内に水分を取り込みたいときは、ミネラルや糖分も一緒に摂取した方が、早く水分を取り込むことができるそうです。ミネラルや糖分が足りない状態でさらに水で薄められてしまうと「希釈性低ナトリウム血症」といって意識障害やけいれんなど危険な状態を引き起こしてしまいます。運動中でなければミネラルウォーターで喉を潤すのは良いと思いますが、自転車通勤のようにかなりの量の汗をかく場合には、スポーツドリンクの方が水分補給に向いています

後はまさかですが、ビールなどのアルコール。これはカフェインよりも利尿作用が強く危険な状態を招きかねません。最高に喉が乾いた状態でビールをグビグビするのは堪らないのですが、全く水分補給にならないので間違ってもビールで水分補給をしようと考えないように注意してくださいね!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。皆さんの水分補給に対する意識は間違っていなかったでしょうか。人の体は約70%が水分です。そのうちたったの2%が失われるだけで、喉が乾いてしまうのです。たった2%と思われるかもしれませんが、70kgの人が2%の水分を失った場合、1400mlの水分を失っています。500mlのペットボトル約3本分の水分を失ったと思うとかなりの量ですよね。

また、水分を吸収をしやすい温度は5℃〜15℃と少しぬるめの状態が良いそうです。喉越しが良いのでついキンキンに冷やして飲んでしまいがちですが、実際にはぬるめの方が体にとっては吸収しやすいようです。

なおスポーツドリンクには糖分が多く含まれているので飲み過ぎにも注意が必要です。運動時には必要なカロリーですが、通常時にはスポーツドリンクで糖質を摂りすぎないように上手にコントロールしましょう。

暑い夏の自転車通勤は、体調を崩してしまう危険性も含んでいます。風邪や二日酔いなど体調が少しでも良くないときは無理をせず電車通勤に切り替えましょう。またボトルケージには、信号ごとにチョイチョイ水分補給できるようにスポーツドリンクを準備して、快適な自転車通勤を楽しみましょう!

クロスバイク自転車通勤あるある

自転車通勤あるある

クロスバイクで自転車通勤をしていると、ついやってしまう行動があります。皆さんもきっとご経験があるはず。もしかすると一部は筆者しかしていない変わった行動なのかもしれませんが(笑)。

今回は思わず吹き出してしまうような、クロスバイク自転車通勤のあるあるネタをお伝えいたします!

続きを読む

自転車通勤中に初めてのパンク

パンク

自転車通勤で厄介なのがパンクです。もし通勤中にパンクしてしまったら遅刻間違いなしですよね。先日、初めてパンクを経験しました。2年半乗っていて初めてのパンクというのはなかなかの少数派ではないかと思います。

今回は自転車通勤中に起こったパンクについてお伝えします。

続きを読む

自転車通勤で音楽を聴きながらのイヤホンは絶対ダメ!

自転車に乗りながらのイヤホンは危険

僕が高校生の頃、四六時中音楽を聴きたくてイヤホンで音楽を聴きながら自転車に乗っていました。すると、驚くほどハッとする瞬間が増えたのです。これはイケないと思いそれ以来自転車に乗りながらイヤホンで音楽を聴くという危険極まりないことはしなくなりました。

iPhoneもイヤホンで会話ができるというというテクノロジーの進化もあり、音楽だけではなく会話しながらというケースもあります。今回は、イヤホンをつけて自転車に乗ることが如何に危険かについてお伝えしたいと思います。

続きを読む

自転車通勤と家族の気持ち

ジオスミストラルのフロントフォーク

自転車通勤にはとても良い季節ですね。最近は5月にも関わらず真夏日が続いていて、ちょっと気温が高すぎるかも。でもまだ日陰はひんやりしていて涼しい季節ですね。

みなさんのご家族は自転車通勤に対して賛成ですか?それとも反対ですか?自転車通勤をする側の立場とされる側の立場で意見も様々です。今回は自転車通勤と家族の気持ちについて考えてみたいと思います。

続きを読む

無灯火の自転車は走るべからず⁈

夜無灯の自転車は走るな

自転車で走っていると、目に入った電柱になにやら文字が。筆文字で「夜 無灯火の自転車は走るな」と書かれています。ひえっ!ちょっとコワイ!

住民の方に何かあったのでしょうか。想像するに、夜に無灯火の自転車が走って来て、それに気付かず怖い思いをした。もしくはぶつかって怪我をしたというようなことがあったのではないかと思われます。確かにシティサイクルならまだしも、ロードバイクやクロスバイクが無灯火で自分のすぐそばや子供の横を高速で走り抜けられると大変危険です。今回は「自転車の無灯火」についてお伝えしたいと思います。

続きを読む

クロスバイクの魅力とメリットとは

クロスバイクの魅力

自転車と一括りにいっても、シティサイクル、MTB、クロスバイク、ロードバイクと様々です。中でもクロスバイクの魅力とはどんなところにあるのでしょうか?僕はよく「クロスバイクって便利だなぁ〜」と感じることがあります。

今回は様々な自転車の種類から、クロスバイクならではのメリットについて、まとめたいと思います。

続きを読む

知ってました?都道府県の自転車条例〜え?条例違反なの!?

大阪府自転車条例

先日調べ物をしている時に、「自転車条例が大阪で施行」という記事を読んで驚きました。「行政も自転車への意識が高まってきているんだなぁ」と思いながら読み進めていると、それがすでに施行されていると知り、2度驚きました。情報があふれていると言われるこの世の中で、大切な情報が届いていないというもどかしさ…。

今回は大阪府の条例が一体どのようなものか。条例に違反するとどうなるのか、についてお伝えしたいと思います。

続きを読む

帰りは真っ暗〜夜の自転車通勤で注意したい3つのポイント

夜の自転車通勤

冬場は日が短いので、職場から帰る18時頃になるともう真っ暗です。一番日の短い冬至の時には、17時には日が沈んでいます

暗くなると視界が悪くなります。それは自転車に乗る僕たちだけではなく、車を運転するドライバーや歩行者も同じことです。今回は安全に自転車通勤をするために、注意しておきたい3つのポイントをご紹介します。

続きを読む

自転車通勤で転倒しないために注意したい5つのポイント

自転車転倒

自転車通勤中に転倒されたことはありますか?僕は幸いまだありませんが、コケそうになったことは何度かあります。通勤途中に自転車でコケて擦り傷だらけで出社というのは、なるべく避けたいですよね。

これからクロスバイクで自転車通勤を始めるぞ!という方や自転車通勤を始めて間もない方に向けて、今まで僕が走った経験上、これは怖かったな、転倒しやすいだろうなというポイントをまとめてみたいと思います。

続きを読む