タイヤ

クロスバイクのタイヤは23Cと25Cのどちらがオススメ?

23Cか25Cか?

ミストラルを買うとKENDA K-193 700×28Cというタイヤが装備されています。太さは28Cで、少しぽってりとしたイメージです。僕はこのタイヤをまず23Cに交換しました。標準装備のタイヤは結構重かったので、23Cに交換することで随分漕ぎ出しが軽くなりました。

23Cがベストだと思っていると、近年ツール・ド・フランスなどプロ選手は25Cのタイヤを使用しているとのことです。それには何か理由があるはずです。今回は、クロスバイクのタイヤに装備するなら23Cと25Cのどちらがオススメなのか、考えてみたいと思います。

続きを読む

夏から秋にかけてタイヤの空気圧が低くなるので要チェック!

空気圧が落ちる秋

最近、朝晩が涼しくなってきましたね。秋の足音が聞こえてきたようです。暑さ寒さも彼岸までと言いますが、もうすぐ9月。暑い暑い夏が過ぎて自転車の季節がそこまでやって来ました。

気温が下がると気になるのが、タイヤの空気圧です。毎日きっちり空気圧をチェックしてから自転車通勤を始める方は問題ありませんが、気になった時にしか空気圧をチェックしないという方は是非タイヤの空気圧を確認してみて下さい。今回は気温と空気圧についてお伝えしたいと思います。

続きを読む

パンク時のチューブ交換方法〜クロスバイク編

チューブ交換

先日、自転車通勤で初めてのパンクを経験しました。パーンとパンクしたのではなく、帰りに気が付くとタイヤがペッタンコになっているというスローパンク。たまたま目的地に到着していたので、自転車を置いて電車で帰りましたが、経路の途中だったらこれまた大変でした。

今回は、なぜパンクしたのか原因も調べながら、リヤタイヤのチューブ交換の方法について説明をしたいと思います。

続きを読む

ジオス ミストラルのカスタマイズ(改造)をまとめてみました!

ジオスミストラル カスタマイズまとめ

購入から1年9ヶ月。ジオスミストラルのカスタマイズを様々行ってきましたが、このあたりでオリジナルのミストラルとどれくらい変わったのか、まとめてみたいと思います。

ミストラルは「カスタマイズ用自転車」と言っても過言ではないと思います。それくらい、様々な改造を楽しめる自転車です。思えば購入当時より平均速度も上がったなぁ〜と思います。それがカスタマイズの成果なのか、筋肉がついた成果なのかは定かではありませんが、カスタマイズを通して飽きずに乗り続けられるのがミストラルの醍醐味ですね。ではカスタマイズした内容をまとめてみましょう。

続きを読む

あれ?自転車のバルブキャップどこに行った?

バルブキャップ

タイヤに空気を入れる時、毎回やってしまうのが「バルブキャップ・・・ここに置いたのにどこいった??」です。アスファルトの上に置くので周囲と馴染んでしまい、キャップを置いた位置がわからなくなってしまうのです。

さてあなたは次の写真の中からバルブキャップを探し当てることはできるでしょうか?そして、今後二度とバルブキャップを探すことがなくなる方法を発見しました。

続きを読む

ルビノプロ3で3000km走行した感想とタイヤの状態

vittoria ルビノプロ3

僕はミストラルを買ってすぐにタイヤを28cから23cに変えました。23Cに変えてからの期間は約1年半くらい、距離にして3000kmを超えたくらいです。

幸い今までパンクしたことがなく、23Cなのにでよく持っているなぁという印象です。最近ではパンクのリスクや接地面積の少なさから25Cが見直されつつありますが、僕は23Cの細さが好きです。これからルビノプロ3に交換しようとお考えの方に参考になればと思い、3000Km走行したタイヤの状態をお伝えしたいと思います。

続きを読む

ミストラルのスピードアップに効果があった3つの改造

ミストラルのカスタマイズ

ミストラルの改造方法は数多くあります。走行性能を上げたり、パーツのカラーを統一したり。走るということに特化したカスタマイズから、見た目をカッコよくするというカスタマイズまで。対応するパーツも多く本当にいじりがいのある自転車です。

特にミストラルはフェンダーやカゴをつけてママチャリ仕様にもなる、幅広いカスタマイズができる自転車です。そのなかでもスピードアップに効果があったカスタマイズについてご紹介します。

続きを読む

雨でリヤのタイヤがロック!スリップでスライド!

路面がタイルのスロープでスリップ

雨でリヤのタイヤがロック!スリップでスライド

昨日はあいにくの雨でした。路面は濡れているものの、家を出たときに雨が降っていなかったので、駅まで自転車で行くことに。

駅までの道のりは、大きな橋を渡り、その橋の途中から歩道橋のような歩行者と自転車専用のスロープを下って、駅まで行きます。事件はそのスロープで起こりました。

続きを読む

タイヤの違い 28Cと23C

28Cと23Cの違い
28Cと23Cのタイヤの違い

ジオスミストラル2015には標準で、KENDA K-193 700×28Cのタイヤが付いています。はじめてのクロスバイクということで、なんら不憫な思いはしていなかったのですが、スピードアップの為、購入後すぐにVittoria Rubino Pro 3 Folding Clincher Tyre 700×23Cに、チューブをVittoriaR2VT080107X ウルトラライトブチルチューブ 700×19/23c バルブ長42mm に交換しました。

いろんなブログやホームページで「劇的に変わった」「タイヤを替えるのが一番違いが判る」など書いてありましたので、是非チャレンジしてみようと思いました。

続きを読む