ジオスミストラル2015

走行中にiPhone用ケースがまさかの脱落!

自転車用スマホケース

走行中にiPhone用ケースがまさかの脱落!

スマホを固定するケースを自転車のハンドル部分に取り付けて、iPhone6plusをサイコンとして使っています。僕は心底驚きました。歩道から車道へ出ようと縁石の段を降りた時。「ボキっ」。ハンドルに固定していたiPhone用のケースの取付部分が折れてしまいました。付属していた脱落防止のワイヤーを付けていたのが幸いし、地面にiPhoneが叩きつけられ、自分のタイヤで踏んでしまうという事態は避けることができましたが…。

ワイヤーでぶらぶらとぶら下がっているiPhone用ケースを走りながらキャッチし、手に持ったまましばらく走りました。

続きを読む

自転車通勤の途中で立ち喰いそばに寄る

自転車通勤途中の立ち食いそば

自転車通勤の途中で立ち喰いそばに寄る

以前から気になっていた立ち食いそば。食べログで何位とか、ブログで超有名とかそんなお店ではありません。どこにでもよくある、駅前のお店です。

いつもは朝ごはんをきちんと食べるので、横目でチラチラ見る程度ですが、その日は朝ごはんを食べずに家を出て、そば屋に行ってみました。

続きを読む

雨でリヤのタイヤがロック!スリップでスライド!

路面がタイルのスロープでスリップ

雨でリヤのタイヤがロック!スリップでスライド

昨日はあいにくの雨でした。路面は濡れているものの、家を出たときに雨が降っていなかったので、駅まで自転車で行くことに。

駅までの道のりは、大きな橋を渡り、その橋の途中から歩道橋のような歩行者と自転車専用のスロープを下って、駅まで行きます。事件はそのスロープで起こりました。

続きを読む

Shimanoの「Vブレーキ」ジオスミストラル2015から搭載

shimano BR-M422 Vブレーキ フロント

ジオスミストラル2015から搭載されたShimanoの「Vブレーキ」

ジオスミストラル2015から搭載されたVブレーキは「SHIMANO BR-M422」という製品です。それまでは「TEKTRO 855」というVブレーキが搭載されていました。制動性の向上と音鳴り対策ということでテクトロ製からシマノ製に変更されたそうです。

その新たに搭載されたVブレーキについてどんなものなのかちょっと調べてみたいと思います。

続きを読む

iPhone6plusをサイコンとして4ヶ月使ってみた感想|Runtastic Road Bike PRO

iphone6plusをサイコン化

iPhone6plusをサイコンとして4ヶ月使ってみた感想|Runtastic Road Bike PRO

自転車通勤を始めるにあたり、どれくらいスピードが出てるのか?ということと、通算でどれくらい走ったのかを記録したかったので良いものはないかなぁ、と探していました。そこで見つけたのが「Runtastic Road Bike PRO GPS サイクルコンピュータ」というiphoneアプリです。価格は600円。サイコンを買う事を思えば安いと思い早速購入しました。

「サイコン」というものを使ったことが無かったので、まったくイメージが湧きませんでしたが、実際に使ってみてこんなに楽しいものがあるのかと感動しました。どんなふうに走ったのか後で振り返ることができます。そして、100km走破までもう少し!など目標を立てることにも役立ちました。iPhone6plusをサイコン化して4ヶ月。その使い心地をレポートしたいと思います。

続きを読む

ジオスミストラルのスタンドにかかとが当たる

ジオスミストラルのスタンド

ジオスミストラルのスタンドにかかとが当たる

僕は軽量化より利便性を取って、自転車を買ったときに一緒にスタンドを付けてもらいました。コンビニに行ったときなど、外で自転車をとめる時に必要だと思ったからです。というか、スタンドが無い状態の自転車をどうとめるのか、どうしていいのか判らなかったといった方が正しいかもしれません。

シティサイクルのスタンドと違い、棒が一本あるだけ。スタンドを立ててから「カチャン」とさらにロックをかけることもなく、ただ棒がクリッと出てきてバネのちからで留まっています。簡単にスタンドを出せるのでとても便利です。

続きを読む

クロスバイクでの車道の走り方

自転車通勤は車道の左端を走行

自転車通勤 – 車道の走り方

ご存じの方も多いと思いますが、2013年12月1日、自転車に乗る人達にとって重要な法改正がありました。それが「改正道路交通法」です。自転車通勤をする時に、第1に知っておきたいルールですね。自転車が走行するのは原則車道。例外的に歩道を走っても良い時は「普通自転車歩道通行可」の標識がある時です。また、車道の端を走る時も、車の流れと同じ左側を走らなければなりません。

また、違反した場合3か月以下の懲役又は、5万円以下の罰金です。「知らなかった~」ではもちろん許してもらえないので、法改正も頭に入れたうえで、どのように車道を走ればよいのか、まとめてみました。

続きを読む

クロスバイクのタイヤ-空気圧はどれくらい?

空気入れの圧力計

クロスバイクのタイヤ-空気圧はどれくらい?

自転車を買ったばかりの頃、タイヤにどれくらい空気を入れれば良いのかまったくわかりませんでした。しかも空気圧の単位が何かもわかりません。なんせ生まれてこのかた、タイヤの空気チェックといえば、触った感触で「柔らかい」か「固い」かくらいのものです。

クロスバイクの場合で空気圧は5気圧前後、ロードバイクで7気圧前後が目安だそうです。ロードバイクは高圧な為、乗らずに1週間ほど放っておくだけで、0.5~1気圧ほど空気が抜けるのだとか。

僕のジオスミストラルで使用しているタイヤは「Vittoria(ヴィットリア) Rubino(ルビノ) Pro 3 Folding Clincher Tyre ブラック 700×23C 」というタイヤです。クロスバイクの空気圧はどれくらいが適正なのか。またはこのタイヤの適正な空気圧はどれくらいなのか。僕はいつも触った感じがカチカチになる「100psi」ほどの空気圧にしていました。いわゆる「ヤマ勘」です。そろそろ「ヤマ勘」で空気を入れるのは良くないと気づき、少し調べてみる事にしました。

続きを読む

自転車に乗らない雨の日

雨の日のマンホール

自転車に乗らない雨の日

先週から雨の日が多く、なかなか自転車通勤できません。僕は雨の日は自転車通勤せずに、電車で通勤するようにしています。パーツが錆びたりしないようにというのもありますが、雨の日は視界が悪く、路面も滑りやすくて危ないので、自転車通勤を我慢しています。

さらに僕のジオスミストラルのタイヤには泥除けがありません。始める前から雨の日は電車通勤と決めていたので、最初から付ける気がありませんでした。また、軽量化もさる事ながら、見た目を重視。泥除けは確かに機能的ですが、タイヤがむき出しのほうがカッコいいと思い、泥除けは却下しました。

続きを読む

自転車通勤で使っているカバン

自転車通勤用のカバン ショルダーベルト

自転車通勤に使っているカバン

自転車通勤するとなると、今まで通勤で使っていたカバンが使えないかもしれません。ショルダーベルトの無い、手持ちのカバンをハンドルにぶら下げて…というのはちょっと危険ですもんね。かといってポーチには書類やお弁当が入りません。仕事となると、時にはA4のクリアファイルや書類も必要になります。両手でしっかりハンドルを握るためにはカバンも自転車通勤に合わせて選んだほうがいいかもしれません。

一体どんなカバンでみなさんは通勤しているのでしょうか。僕が通勤中に見る通勤カバンのあれこれをまとめてみたいと思います。

続きを読む