帰りは真っ暗〜夜の自転車通勤で注意したい3つのポイント

夜の自転車通勤

冬場は日が短いので、職場から帰る18時頃になるともう真っ暗です。一番日の短い冬至の時には、17時には日が沈んでいます

暗くなると視界が悪くなります。それは自転車に乗る僕たちだけではなく、車を運転するドライバーや歩行者も同じことです。今回は安全に自転車通勤をするために、注意しておきたい3つのポイントをご紹介します。

1.車から見えやすくする

テールランプ

まず何としても一番気をつけたいのは、車との接触です。車から見て自分の存在を見えやすくすることが大切です。

それには、点滅するテールランプが必須です。自転車のシートポストやリュックにつけているのをよく見かけますよね。速度の速い車が後ろから追い抜く時、自転車の存在を知らせるために重要な役割を持っています。

点灯ではなく、点滅の方が気づかれやすいのでおすすめです。人間は止まっているものよりも動いているものの方が本能的に目が行くので、チカチカと点滅しているほうがより目が行きやすいのです。

特に車が多い場所やお店が多い場所などは、車のテールランプや店舗の照明、ネオンサインが周囲にあるので、点灯するだけでは目立ちにくい場合があります。やはりテールランプは点滅がおすすめです。

2.歩行者から見えやすくする

歩行者から見えやすく

交差点の歩道で歩行者が止まっているとします。そこに自動車と並走する自転車が走ってきます。この時、自動車のヘッドライトで眩しい状態なので、歩行者は自転車の存在にすぐ気付くことができません

もしこのタイミングで車が止まり、自転車だけが走り抜けたとすると、歩行者はギョッとするのではないでしょうか。

歩行者からみて、自分の存在をわかりやすくするため、ヘッドライトが必須です。こちらもテールランプと同様に点滅するものがおすすめ。ここでのヘッドライトの役割は前を明るく照らすということではなく、前方からみて自分の存在に気づいてもらう為です。

歩行者だけでなく、車のバックミラーでも確認しやすくなるので、自動車が車線変更や左折する時に、自転車の存在に気付きやすくなるのも大きなポイントです。

3.路面を見えやすくする

街灯が多い場所を変えるのなら、さほど必要はないかもしれませんが、真っ暗な夜道を帰るとなると路面が見えるようなライトをつける必要があります。

11月〜2月の間、仕事が終わる時間が17時以降の場合帰り道は薄暗い、もしくは真っ暗な状態です。自転車通勤を今からしようと検討中の方は、この時期に走るなら路面を照らすだけの照度をもったライトの購入が必須です。

自転車に取り付けるライトで、路面を明るく照らすものというのはどれなのか意外にわからないものです。

ネット上で評判の高いライトといえば「キャットアイ LEDライト HL-EL461RC」や点滅とライトを1台でこなしてくれる「ライトアンドモーション URBAN500 」があります。このクラスになると充電タイプが多いですね。フル充電でハイモードで使用した場合、1.5〜2時間くらい。ローモードだとその2〜3倍くらいの時間は持つそうです。これほど消費電力が大きいと、電池だとランニングコストがかなりかかってしまいますよね。


キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト [VOLT400 KIT] USBクレードルCRA-001&カートリッジバッテリーBA-2.2付属 ボルト400 HL-EL461RC HL-EL461RC+CRA-001+BA-2.2


Light&Motion(ライトアンドモーション) ヘッドライト URBAN500 [アーバン500] IP67 耐塵防水 全天候対応 リチウムイオン充電池 Onyx

冬の帰り道は真っ暗

電車で通勤していた時はそれほど気にしていませんでしたが、冬場は帰り道が真っ暗です。夏場でも帰りが8時頃の方は真っ暗ですが、電車で通勤している時には暗いということが特に影響ありませんでした。

自転車通勤になれば、暗いということで「あ、気をつけないとな」とすこし気持ちに変化が。ただ、意識しなかった季節の移ろいを感じることができるというのは、良いポイントでもありますね。

特に気をつけてほしいのが、路肩に駐車車両があって、その車両を避けるために車道に膨らもうとした時です。車の量にもよるのですが、昼間よりも車がすぐ横をビュンビュン走っているような感覚になります。

日中と比べて、車のヘッドライトしか見えないので距離感やスピード感を測りにくいのです。「ちょっと膨らむのが怖いな」と感じた時は、無理をせずに止まってください。そしてある程度車をやり過ごしてから、その駐車車両を追い越してください。ここで止まれる勇気を持つのはとても大切なことです。

僕は車も乗るので経験がありますが、夜に走行していて自転車が車道の中央に膨らんでくると、「ハッ」とすることがあります。

夜の自転車通勤はライトで自分の存在を周りにしっかり知らせて走りましょう。また、急ハンドルや急ブレーキもご法度です。真っ暗な帰り道は無理せず気をつけて走りましょう!安全運転万歳!!

  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. よっちゃん より:

    お久しぶりです!
    新しくドライバーの仕事をするようになってから、自転車のライトの大切さを改めて実感します。
    真っ暗な道での無灯火は本当に危ないですからね…

    前職で販売をするときは、なるべく高い位置に10m前までを照らす角度がベストと教わりました。
    正しくライトを使って、夜も楽しくライドしてくれるチャリダーさんが増えると良いですね!!

    1. chario より:

      よっちゃん
      車視点で見るとやっぱりライトって大事ですよね。もっと欲を言うと明るい色の服だったり、反射板もあるとなおよしというか。
      ライトの角度について貴重な情報をありがとうございます。
      10m先くらいですか〜。僕は地面と平行になるようにセットしていました。昨日早速10m先くらいを照らす角度にしてみたのですが、路面も見えていい感じですね!
      この角度も大事かも。。。

      それはそうと。。。新しい仕事を頑張っておられる姿を知って、なんだか応援したくなるのはよっちゃんの人柄なんでしょうね(笑)。

  2. はやひで より:

    各都道府県で違うみたいですが、テールランプは反射板があれば点滅で構わないですが、反射板が無い場合は点灯で無いと駄目な場合があります。
    CATEYEのテールランプ等は、反射板が無い場合は点灯で 点滅の場合は反射板と併用でと記されています。とりあえずわたしは点灯させてます。
    大阪はどうなんでしょ?(自分も大阪だけど知りません・・・)

    1. chario より:

      はやひでさん
      そんな細かい規定があるのですね〜!全く知りませんでした。
      大阪の条例をしらべてみましたが、僕が見つけたのは「反射器材の備え付け」として「自転車の側面に反射器材を備えるよう努めなければならない」というものでした。
      道路交通法では「車両等の灯火」というところですね。罰則として5万円以下の罰金と書かれていました(汗)。

      でも各地の自転車に関する条例って知っておく必要があるかもしれませんね。
      テールランプの点灯、点滅に関する情報がありましたら、また教えて下さい!!
      貴重な情報をありがとうございます!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)