初心者向けクロスバイクを買うときに知っておきたい3つのポイント

初心者向けの自転車

初心者向けクロスバイクを見ていると最安値で13,300円というのを見かけました。本当に安いですよね。「続くかどうかわからないし、最初だから・・・」とついつい安いクロスバイクを購入しがちです。しかしネットで調べてみると最低でも5万円クラスから始めるべしと書かれています。

以前なら僕も絶対に5万円は〜と思っていたのですが、最近になって理由を理解した上で安いクラスを買うのであれば、それはそれでありじゃないかな?と思えてきました。そこで、安価な初心者向けクロスバイクはここが違うよというポイントをまとめてみました。

1.シマノ製パーツの信頼性

シマノ製パーツの信頼性

まず第一に比較されるのがパーツにどれくらい「シマノ」が採用されているか?という点です。

5万円クラスのクロスバイクの多くはブレーキ、ディレーラー(変速機)、チェーンリングにシマノが採用されています。ジオスミストラルの場合はそれに加えてホイールもシマノ製です。

シマノでなくてもブレーキは効きますし、変速もできるのでこだわりがなければ別にシマノにこだわる必要はないと思います。

なぜこだわる人が多いのか?それは品質が高いというところではないでしょうか。シマノ製ではないパーツが壊れると、「あ〜やっぱりシマノにしとけば良かった」と口にする方も多いと思います。それくらい自転車界ではシマノブランドが浸透しています。

5万円を切るクロスバイクを見ていると、シマノ製のパーツが少ないもしくは全く付いていない場合もあります。

確かにシマノのパーツがオススメです。しかしもっと大切なのはメンテナンスです。メンテナンスでカバーできれば、シマノのパーツにこだわらなくても良いのでは?とも思います。実際に必要性を感じてくれば、シマノのパーツに交換すればよいのです。

2.フレームの重さとサイズ

フレームの重さとサイズ

フレームの重さはその自転車の運命です。こればかりは変えることができません。フレームが重い自転車を軽くするカスタマイズ方法は無いからです。

クロスバイクにハマると、スピードを求めはじめます。そうすると少しでも軽い方がスピードを出す為に有利なので、軽量化を図ります。

最後に行き着くのがフレームです。フレームが重いとなれば「よし!フレームを交換しよう!ん?買った自転車の原型がなくなるな・・・。」となるのです。

もしカスタマイズに少しでも興味があるのなら、フレームの重量がどれくらいなのか?チェックしておいた方が良いでしょう。パーツ類は後から交換できるのでフレームはそれ以上に重要なポイントです。

あとフレームのサイズです。身長によって手足の長さが変わるので、フレームの大きさも変わります。それが安いクロスバイクだと細かいサイズが無い場合があります。ということは160cmの人も180cmの人も同じ大きさの自転車に乗るということになります。前傾がキツくなって体に負担がかかったり、窮屈になってスピードを出す為、最大限に体を使えなかったりということが考えられます。

ちなみにミストラルのサイズは3種類。430mm(適応身長:155~170cm)、480mm(適応身長:168~178cm)、520mm(適応身長:175~185cm)となっています。

初心者向けクロスバイクは標準的な身長向けに作られているはずですので、ご自身で標準的ではないなぁ〜と思われる方は、サイズのある自転車を選んだ方が良いと思います。

3.エンド幅とタイヤ

エンド幅とタイヤ

エンド幅とは、リヤタイヤを固定しているフレームの幅です。ロードバイクのホイールは130mmがほとんどです。このエンド幅が135mmだと、ロードバイク用のホイールが使えません

それがどんなことになるのかというと…。スピードを追求してカスタマイズが進んだある日、「よし!ホイールも速そうなのに変えるぞ!」と意気込んだものの「うわ!エンド幅が違うからホイール交換できないよ!」ということが起こり得ます。

エンド幅が130mmのクロスバイクの方が、ロード用ホイールへの拡張性あるということです。

ルイガノやドッペルギャンガーといったメーカーの自転車はエンド幅が135mmのものが多いので、ホイールに拡張性を保たせたいなら、よく確認しておいた方が良いと思います。

カスタマイズするかどうか

初心者向けのクロスバイクと5万円以上のクロスバイクについて、乗ったことがない人にとってはどこがどう違うのか?よくわからないと思います。今回3つポイントを挙げましたが、「速さを追求してカスタマイズするかどうか?」によって、どちらを選ぶ方が良いか、大きく変わるというところではないでしょうか。

機械音痴で絶対にカスタマイズなんてしたくないし、できないし。気軽に見た目重視で選びたいということなら、安くても気に入ったデザインの自転車を選んだ方が良いと思います。

スピード感が違いますので、颯爽と風を切る本格的なクロスバイクに乗ってみたいと思うなら、5万円以上のクラスのクロスバイクがおすすめです。カスタマイズをしなくても、パーツもバランスよく考えられていますし、高圧タイヤで転がりもスムーズです。

安価なクロスバイクと5万円以上のクロスバイクの違いをよく理解しておけば、安くても自分にあった自転車選びができると思います!大切なのは、自分が心から気に入った自転車を選ぶことです!是非参考にしてみてください。

  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. はやひで より:

    ミストラルは5万未満で売ってるんでお買い得ですよね。
    ブレーキも少し前はテクトロ製だったのが、シマノに統一されたし。
    Vブレーキはシマノでなくてもそこそこ効くけど、
    ロードバイクの物は効きが悪いらしいですね。
    ロードはシマノでも105以上をお勧めします。
    4600系ティアグラのブレーキは効かなかったですね。
    (ブレーキ握ったまま自転車を押すと進みます。105はきっちり止まります)

    1. chario より:

      はやひでさん
      僕が買ったときはすでにシマノでしたが、以前はブレーキがテクトロ製だったそうですね。パーツが見えないところで劣化して、利益を高めるというのはありがちですが、ミストラルの場合パーツが進化してくれたので、満足度もアップです。

      以前caad12に乗った時、キャリパーブレーキでも良く効くなぁと思っていましたが、105だったからということですね〜。

      やっぱり105以上のグレードは最低限必要ですね〜。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)