サイクルグローブの種類と選ぶときのポイント

サイクルグローブの種類

先日久々にサイクルグローブを新調しました。指切りのグローブが欲しいなぁと思っていたのですが、しっくりくるデザインのものが無かったので指ありのものを買いました。

グローブを買うとなると実際にはめてみてどれにするか決めることが多いと思いますが、様々な種類があるサイクルグローブ。今回はどのような種類や特徴があるのかまとめてみたいと思います。

フルフィンガーとハーフフィンガー

引用:http://www.giro.com/

引用:http://www.giro.com/

普通の手袋の場合、指が出ているものを僕は「指切り」と言っていましたが、「ハーフフィンガー」と呼ぶそうです。指が全て覆われているものを「フルフィンガー」と言います。フルフィンガーに関しては、「指あり」や「指切りじゃないやつ」という言い方しかできませんでしたので、とても便利でカッコ良い呼び方ですね。

大きく分けて、グローブの形状はこの二つに分かれます。僕が最初に買ったのはフルフィンガー。そしてハーフフィンガーが欲しいなと思いながら、気に入ったものがなくて「お!これいいなぁ」と反応してしまったのが、再度フルフィンガーでした。

GIROのグローブはフルフィンガーでもスマホを操作できるように「導電糸」が縫い込まれているのですが、やっぱり指先がごわついて操作しにくいです。信号待ちでちょっと見たいというときでも、フルフィンガーだとグローブを外さなければいけません。しかし、転倒した時の怪我に対しては手全体を覆ってくれているフルフィンガーの方が断然安全ですね。

プロの選手を見ていると、皆さんほとんどハーフフィンガーですね。フルフィンガーはMTBなどオフロード系の選手に多いのかもしれませんね。クロスバイクはロードとMTBの中間あたりですので、どちらのグローブでも許されるというのはあるかもしれませんね(笑)

ゲルパッドの有無

初代サイクルグローブ

初代サイクルグローブ

最初にグローブを買った理由が「手のひらが痛い」というものでした。そのためゲルパッドが手のひらに入っているものが必須でした。グローブによってゲルパッドがなかったり、薄いものや分厚いもの、取り付け位置や形状の違いなど様々です。僕の場合は手のひらの丘の部分が痛かったので、ここにゲルパッドが入っているものを買いました。ゲルパッドが付いていると、ほんと痛みが軽減して助かりました。その後ハンドルの高さを調整してグローブ無しでも手のひらの痛みはなくなりましたが、痛みがある人にとっては重宝するのではないでしょうか。

また、ゲルパッドがあることで路面の振動の受け方もマイルドになります。痛みや振動が気になる方は、ゲルパッドが付いているか。また、位置や形状も最適なものを選ぶようにしましょう。ついついデザインで選んでしまいがちですが、ゲルパッドはあった方が重宝するように思います。

手に合ったサイズ

前回のグローブは少しサイズが大きかった為、指先が余っている

前回のグローブは少しサイズが大きかった為、指先が余っている

これが最も大切なポイントです。自分の手にきちんとフィットしているかどうかです。メーカーによっても若干サイズが異なるので実際に手にはめて感じを確かめましょう。サイズの目安としてはなるべく小さめをはめてみて、指先まで指をしっかり入れ、指の付け根まで布が足りているか確認します。この時に布が足りず、水かきのようになっている場合はもうワンサイズ上げましょう。

大きめを買ってしまうと、グローブの中で手が踊って疲れてしまいます。また、走行中に脱げてしまうと非常に危険です。脱げるまで行かないとは思いますが、ぴったりとフィットしていないと、ハンドルを握る時も余計な力が入ってしまいます。

少し小さいかな?と思うくらいにしっかりフィットしたグローブだと、手のひらの滑り止め効果もあってとても楽にハンドルを握ることができます。こちらもついデザインに流されがちですが、試着をしてしっかりフィットするグローブを選びましょう。

サイクルグローブは超快適

クロスバイクをいじりだすとパーツにばかり目がいってしまいますが、サイクルグローブは「もっと早くに買っておけばよかった!」と思うくらい重宝します。ハンドルを軽い力でグリップできるということが、どれほど快適か。また、汗をかいてもツルンと滑らなくなるので、余計なことを考えることがありません。気持ちの面でも楽になりますよね。

お気に入りのデザインが見つかれば、次回はぜひ「ハーフフィンガー」を購入したいと思います。でもこれから寒くなると、ハーフは寒いですね。そうこうしているうちに、「やっぱりフルフィンガーでよかった!」と言っているかもしれませんが・・・。メーカごとに装着感が異なるサイクルグローブ。是非ご自分に合った最高のサイクルグローブを見つけていただければと思います。

  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. TTY より:

    グローブは悩みどころですね。洗濯することを考えてハーフを2つ、フルを2つ。
    後、防寒用と防水のしっかりしてる物を持ってます。
    ハーフは種類があって値段もピンキリなので安いものを買いました(中華製っぽい)
    ほつれ等もなく4カ月くらい使えてますよ。
    手のひらにゲルもあるので意外と安物(1500円くらい)でもいいかなと。

    フルの方は言われている通りサイズ感がしっかりしていないとダメですよね。
    通販だとハズレを引く可能性が多いので、当たりを引いたベルクロが手の内側にあるやつにしてます。
    ベルクロが外側にあると意外とキツく感じるので(個人的な感想)。
    今までは「KING FIVE」の物を使っていましたが、取り扱いがなくなったため「JITSIT」に変わりました。

    まだフルには早い時期なので、この機会に消耗品と割り切って安いハーフはいかがでしょう?

    1. chario より:

      TTYさん
      結構グローブお持ちですね!みなさんそうなのかな?割り切って安物のハーフ・・・なんて素敵な響きなんでしょう。
      もう今年はないなと思っていたのですが、またショップでジロジロと見てしまいそうです(笑)。

      「KING FIVE」や「JITSIT」ってオフロード系のメーカーですか?結構デザインも攻めた感じでかっこいいですね!
      通販ではデザインも選び放題ですがフィット感や質感はわからないのでやっぱりグローブはショップで選びたいですよね〜。

  2. TTY より:

    グローブは消耗品と考えてますので、結構もってますよ。
    洗濯もしますしね。
    安ものでも一回買ってみることをお勧めします。自分は指きりのものが”ガチ”`っぽくて敬遠してました。
    でもしてみると意外と手放せなくなりました。

    オフロード用ですね。自分はトライアル用のショップで通販しました。
    フィット感などは通販で試せないので運に左右されますよ。
    たまたま運がよかったのか[KING FIVE]はかなり良かったです。
    「JITSIT」はおっしゃる通りデザインですね。こっちはサイズ間が若干タイトになってます。両方ともに親指の付け根にタオル地のようなものがあって汗をかいた時に重宝してます。さすがに夏場は厚いですが・・・ XD

    1. chario より:

      TTYさん
      グローブは消耗品。そういう見方もありですね。今まで1つしか持ってなかったので、そう思うことがありませんでした。 やっぱり指切り買おうかなぁ〜と思っています笑。安いの、試してみようと思います!

  3. TTY より:

    自分も割り切るまで勇気がいりましたが、安い物を2つ買って消耗品と割りきることでガンガン洗濯していくと意外に長く使えるかもです。
    あ、洗濯は必須ですよ。
    結構、汗かくので・・・

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)