パンク時のチューブ交換方法〜クロスバイク編

チューブ交換

先日、自転車通勤で初めてのパンクを経験しました。パーンとパンクしたのではなく、帰りに気が付くとタイヤがペッタンコになっているというスローパンク。たまたま目的地に到着していたので、自転車を置いて電車で帰りましたが、経路の途中だったらこれまた大変でした。

今回は、なぜパンクしたのか原因も調べながら、リヤタイヤのチューブ交換の方法について説明をしたいと思います。

リヤタイヤの取り外し

まず、変速ギヤを最も重たいギヤにしておきます。そうすることで、チェーンに掛かるテンションが弱まり、リヤタイヤを外す時に楽になります。

次に、リヤブレーキのバナナ管をアジャスターから外します。アジャスターとバナナ管を一緒に両側から挟むように持ち、バナナ管を上にあげると外れます。外れるとブレーキが解放されて、ブレーキシューが両側に大きく開きます。

バナナ管をアジャスターから外す

バナナ管をアジャスターから外し、ブレーキを解放する

タイヤを外しやすくするため、自転車を裏返します。直接アスファルトやコンクリートに立てる場合はステムやシート部分が接地するので、キズが付かないように雑巾などを当てておくと良いと思います。また、サイコンやライトなどを付けていると、自転車の自重が掛かってしまうので事前に取り外しておきましょう。

自転車を逆さまに置く

自転車を逆さまに置く

クイックリリースを緩めます。クイックリリースは回すと締まったり緩んだり、締まり具合を調節することができます。クイックリリースのレバーを起こした時に、あまりに緩い時は、走行中に緩んでいた可能性があります。取り付け時には程よく締まるように調整しましょう。

クイックリリースを解放する

クイックリリースを解放する

タイヤを上に引き上げていきます。すると簡単にタイヤが外れます。ディレーラーのテンションが解けて、プーリーが後方に倒れます。チェーンがスプロケットに掛かっているので、指でチェーンを外側に外します。チェーンが外れると、タイヤが完全に自転車から外れます。

クイックリリースを緩めてタイヤを持ち上げる

クイックリリースを緩めてタイヤを持ち上げる

タイヤを外してチューブの取り出し

チューブを交換するには、タイヤを外さなければいけません。パンクしているので、すでに空気は残っていないと思いますが、空気が残っていても抜けやすいようにバルブをゆるめておきます。バルブを緩めたら指で押し、空気が残っていないかチェックしましょう。僕の場合は全く空気が残っていなかったので、スコンとバルブが下に落ちました。

エアーが抜けてバルブが下に落ちた状態

エアーが抜けてバルブが下に落ちた状態

タイヤレバーを使ってタイヤの手前側のワイヤーをリムの手前に引き出していきます。一つ引き出したらタイヤレバーをスポークに固定し、二つ目、三つ目のタイヤレバーを使って、どんどんタイヤのワイヤーをリムの手前に出していきます。三つ目のタイヤレバーを使って他の箇所も外していくとタイヤが一周外れます。一周外れれば、タイヤ全体をリムから外すことができます。

タイヤレバーを使ってリムからタイヤを外す

タイヤレバーを使ってリムからタイヤを外す

タイヤをリムから外したら、チューブを取り外します。タイヤの内側にチューブがべったりとへばり付いていて取れません。結構な力で引っ張りながらチューブを取り外しました。

チューブを引っ張って剥がす

チューブを引っ張って剥がす

パンクの原因チェック

チューブを取り外したら、なぜパンクをしたのか調べます。チューブに少し空気を入れてみます。すると、シューッという音が聞こえてきました。自転車屋さんではよく水にチューブを浸けて、プクプクと気泡の上がってきた場所を探してましたが、水に入れなくても音で判りました。バルブからの位置を覚えてタイヤの裏面を触ってみます。

タイヤの裏面を触ってチェック

タイヤの裏面を触ってチェック

すると、1箇所突起のようなものがありました。まさにパンクの原因です。ラジオペンチで抜き取ろうとしましたが上手くいかず、タイヤの表面側から精密ドライバーのマイナスを使って押し出しました。金属の破片が3つ出てきました。こんな小さな破片でパンクしてしまうのですね。破片は外側から触っても全くわかりませんでした。

パンク箇所と思われる場所に突起が

パンク箇所と思われる場所に突起が


人差し指の先にある小さな金属片が刺さっていた

人差し指の先にある小さな金属片が刺さっていた

もし外でチューブ交換をしていたら、パンクの原因チェックをせずにすぐにチューブを入れ替えていたように思います。そうすると翌日にはまた空気が抜けているという状況に。これはまさに「おかわりパンク」です。皆さんも外でチューブ交換をする時は、タイヤの内側に飛び出した異物がないか、一通りチェックしてくださいね。手で取るのは難しい場合があるので、予備チューブと一緒にラジオペンチや精密ドライバーを携行しておいた方が良いかもしれませんね。

チューブの入れ方

保管していたチューブを取り出します。チューブを空気に触れる状態で置いておくと、酸化してゴムが劣化してしまいます。酸化しないようにサランラップで巻いて保管していました。

チューブが酸化しないようにサランラップを巻いて保管

チューブが酸化しないようにサランラップを巻いて保管

チューブを取り出し、空気を少し入れます。あまり入れすぎるとチューブが大きくなりすぎてタイヤに入れづらくなってしまいます。全体的にシワがなくなる程度に軽く空気を入れましょう。

チューブに少し空気を入れておく

チューブに少し空気を入れておくと作業しやすい

空気を入れたら、タイヤの内側にチューブを沿わせながらタイヤの中に入れていきます。次にバルブの部分をリムの穴に通します。パナレーサーの「R-Air」のようにバルブにネジがついている場合は、ここでネジを締めて固定してしまいましょう。今回使用したチューブはヴィットリアのウルトラライトチューブです。このチューブはバルブ部分にネジは付いていません。

まずバルブの部分をリムに通す

まずバルブの部分をリムに通す

バルブの部分から両側を進んでバルブの反対側に向かってタイヤをリムにはめていきます。この時、リムにチューブが挟まらないように注意します。この工程でチューブに傷を入れてしまうと、パンクしてしまいます。タイヤでチューブを包み込むようにしてチューブをリムにはめ込んでいきます。

チューブに傷を入れないようにタイヤをリムにはめていく

チューブに傷を入れないようにタイヤをリムにはめていく

そしてチューブ交換の最大の難所です。残った最後の部分をリムにはめ込みます。ここがとても力の要る部分です。すでにはまっている部分から少しずつリムにタイヤを入れていきます。親指が熱くなるくらい指の力が要ります。ここでチューブに傷をつけてしまうことが多いので、タイヤにチューブを包み込むようにして一緒にリムにはめていきます。入らないからといってタイヤレバーを使って入れたくなりますが、タイヤレバーもチューブに傷を入れてしまいやすいので控えましょう。指で大丈夫です。端から少しずつリムに入れていきましょう。「もう絶対無理!固すぎ!!」という場合に限り、タイヤレバーの力を少しだけ借りるようにしましょう。

最後は固いが指でなんとかはめることができる

最後は固いが指でなんとかはめることができる

タイヤに空気を入れて完成

チューブとタイヤがリムにはまればもう完成間近です。最後にタイヤを指でつまみ上げながらチューブがタイヤとリムの間に挟まっていないかチェックします。タイヤを一周させながら、全部チェックしましょう。キュッキュッとタイヤをつまみ上げるようにして、一周チェックすればOKです。

タイヤをつまみながら一周させてチェックする

タイヤをつまみながら一周させてチェックする

チューブが挟まっていないことを確認できれば、いよいよ空気を入れます。少しずつ空気の圧力を高めていきます。一箇所だけタイヤが盛り上がっていたりするとチューブが折り重なっていることが考えられますので、一旦程よく空気を抜いてタイヤとチューブをモミモミしましょう。もしチューブが重なった状態で空気圧を高めると「バーン!」と破裂してしまいます。実は僕も以前にチューブ交換直後に破裂させてしまったことがあります。チューブに空気を入れない状態でチューブをタイヤにはめ込んだので、中でチューブが折り重なってしまったのだと思います。

無事いつもの空気圧まで入ればチューブ交換は完了です!あとはタイヤを自転車に戻します。逆さまにした自転車にリヤタイヤを取り付けます。一番小さなギヤにチェーンを引っ掛けてタイヤをするすると落としていき、フレームにクイックリリースを引っ掛けます。

タイヤの空気圧をゆっくり上げていく

タイヤの空気圧をゆっくり上げていく


タイヤをフレームに戻します

タイヤをフレームに戻します

クイックリリースを締めます。この時緩くなりすぎていないかチェックしておきましょう。緩いようであれば、レバーと逆の方を時計回りに締めます。締めながら締り具合をチェックして、丁度良いレバーの固さになるように調整しましょう。

クイックリリースの締り具合を確認しながら締める

クイックリリースの締り具合を確認しながら締める

自転車を表向きに戻します。リヤブレーキのバナナ管をアジャスターに取り付けます。リヤブレーキを実際に握って、きちんと動くか確認しておきましょう。アジャスターにきちんとはまっていないと、走行中にブレーキが効かなくなってとても危険です。以上で作業は完了です!

バナナ管をアジャスターに取り付けます

バナナ管をアジャスターに取り付けます

まとめ

パンク時のチューブ交換についていかがでしたか?ただのチューブ交換と異なるのは、異物の除去作業が必要なところです。この異物は金属片であることが多いようですが、きっちり取り除かないと新しいチューブもすぐにパンクさせてしまいます。

勉強になったのは「この作業を外でできるか」という点です。ラジオペンチ、もしくは精密ドライバーなど携行するイメージがありませんでしたが、サドルバッグにチューブやインフレーターを入れているのであれば、一緒にこれらの道具も入れておいた方が確実にチューブの入れ替えが出来そうですね。

パンクをしてチューブを交換する際にはこちらの記事の手順で作業いただければパニックにならずに上手に交換できると思います。ぜひご参考にしてください!ちなみに、写真の手が真っ黒でお見苦しい点はご了承ください!

  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)