アイテム

クロスバイクやロードバイクに似合うベル〜ノグ(Kong)Oi BICYCLE BELL

Knog oi

以前から気になっていた、ノグというメーカーのOi(オイ)というベルを店舗でみつけました。このベルは海外のサイトからじゃないと手に入らないと思っていたので店舗で見つけて少しビックリしました。しかも僕が見たのはクラウドファウンディングで資金を募っている時だったように思います。デザインがとても洗練されていて「あ〜これ欲しいなぁ〜」と当時は指をくわえて見ていました。

そしてついに憧れのベルをGET!今回はKnog(ノグ)のOi(オイ)というベルについて、取り付け方や装着感についてお伝えしたいと思います。

続きを読む

自転車の盗難防止対策としてICチップを搭載できないのだろうか?

自転車の盗難防止

平成25年の1年間の自転車盗難件数は全国で30万3,277件(警察庁統計)です。僕たち自転車好きには恐ろしい数ですね。
ひと昔前は「拝借泥棒」といって、ちょっとそこまで行くのに拝借しますと、足代わりに自転車を盗むことが多かったそうですが、最近は転売目的でロードバイクなど高級な自転車が狙われる傾向にあるそうです。2015年には大阪で生活費目的で高級自転車の窃盗と転売を繰り返した男が逮捕されています。

今回は、自転車にICチップを搭載して転売を防ぎ、盗難を抑止できないかについて考えてみたいと思います。

 
続きを読む

キャットアイ・ストラーダデジタルワイヤレスの機能ー8つの画面を徹底紹介!

キャットアイ デジタルストラーダワイヤレス

キャットアイ ストラーダデジタルワイヤレス(CC-RD430DW)を購入して約1週間。実際に使ってみるとコンパクトながら沢山の表示機能が詰め込まれています。スマホのようにバッテリーを気にすることもありませんし、使い勝手もよくて、お気に入りの1台になりました。

購入前に口コミや評判などを見ながら検討しましたが、細かい機能についての紹介があまり見当たりませんでした。そこで購入を検討されている方へ、ストラーダデジタルワイヤレスにどのような機能があるかご紹介したいと思います。

続きを読む

キャットアイ ストラーダデジタルワイヤレス(CC-RD430DW)の取り付け方

ストラーダデジタルワイヤレス

どのサイコンにしようか散々迷った挙句、購入したのがキャットアイのストラーダデジタルワイヤレス(CC-RD430DW)です。キャットアイのサイコンは商品ごとに細かく仕様が分かれているのでおすすめのサイコンがどれなのかとても悩みました。

一番悩んだポイント。それはケイデンスを計測するか否か。ケイデンスを諦めれば価格はグンと安くなります。しかし、ケイデンス90がどれほどのものか一度は知っておかなくては…。何の使命感かはわかりませんが(笑)そのような思いに駆られ、ストラーダデジタルワイヤレスを購入しました。今回は取り付け方法や初期設定についてお伝えいたします。

続きを読む

キャットアイのサイコンを比較〜僕が勝手に絞りこんだおすすめ5つ!

キャットアイのサイコンおすすめ5種

僕は、iPhoneをサイコン代わりに使っていたのですが、最近iPhone7に機種変更したため、今まで使っていた自転車固定用のマウントが合わなくなってしまいました。iPhone7用のマウントに買い換えるのも良いのですが、iPhoneサイコンではなくキャットアイのサイコンにしようかな?と検討中です。

しかし、あまりの種類の多さにどれが良いのかとても悩んでしまいます。今回は15種類もあるキャットアイのサイコンを5つにまで絞り込んで、性能比較を行ってみたいと思います。

続きを読む

ヒラメ ポンプヘッド縦カムを使ってみたら超使いやすかった

KUWAHARA ヒラメポンプヘッド 縦カム

僕が使っているフロアポンプはトピークの JoeBlow Max HPXです。購入して1年半くらいの時、7barになると空気がプシューっと抜けてしまうようになりました。それ以上空気を入れるには、手でポンプヘッドを固定しながら入れなくてはなりません。

ポンプヘッドを新しいものに交換しようと思い、探していると「ヒラメポンプヘッド」というものがあるのを知りました。みなさんのコメントを見ていると「サイコー!サイコー!」と絶賛の嵐。市場に少なくてなかなか手に入らなかったのですが、ついに僕も手に入れました!今回はヒラメポンプヘッドの交換手順と使い心地についてお伝えしたいと思います!

続きを読む

真夏の自転車通勤を救う!魔法瓶ボトルがオススメ

魔法瓶ボトル

真夏の暑い自転車通勤。もちろんボトルケージにはドリンクが挿さっています。熱中症対策のために信号待ちのたび、水分補給を行います。僕は専用ボトルではなく、手軽なペットボトルをよく利用していました。スポーツドリンクを挿して走るのですが、10分もすると冷たさは半減。30分もすればぬる〜いスポーツドリンクになっています。皆さんもご経験があるのではないでしょうか?

本当に気分的な問題なのですが、冷たいと「気持ちい〜!潤う〜!」と感じるのですが、ぬるいと「水分を体に入れておく作業」という印象に。そこで最近ハマっている魔法瓶ボトルをご紹介します。

続きを読む

軽くて頑丈!自転車のチェーンロックにABUSを買った理由

ABUS チェーンロック

僕が使っている自転車のワイヤーロックは2種類。100均で売っているような太めの簡易ワイヤー錠と、くるくると巻いてある細いワイヤー錠です。太めのワイヤー錠は鍵で開錠し、細いワイヤー錠はダイヤル式です。

どちらも手馴れたドロボーの手に掛かれば一瞬で切られてしまうような代物です。斉工舎の「ゴジラロック 」も持っているのですが、重くて持ち歩くのはに気が進みません。そこで今回新たなロックを購入し、改めて自転車の盗難リスクについて考えてみました。

続きを読む

自転車の予備チューブはラップで包んで保管!

正方形くらいのラップの角にチューブを置く

ロングライドに欠かせない予備チューブ。サドルバッグに工具と一緒にいれている方が多いと思いますが、そのまま裸で入れていますか?チューブはご存知の通りゴムでできていますが、紫外線や酸素に触れると劣化するそうです。

ということは、なるべく紫外線や酸素に触れないように保管することで、フレッシュな状態で保管できるということですね。サドルバッグに裸でチューブを入れず、ラップで包んで入れることでチューブが長持ちしてくれるそうです。

続きを読む

携帯用空気入れ〜ガスボンベ Co2インフレーター

CO2ボンベの根元を持っている

空気を入れる時、間違ってもこんなところを持ってはいけない

ロングライドをする時には、もしもの時に備えて「パンク対処セット」を持って行きましょう。と、いろんな方に教わりました。しかし、問題は「空気入れ」です。あんな長くて大きなものを持って行くわけにもいきません。調べてみると、様々な携帯用の空気入れが見つかりました。

大きく分けて2つ。携帯用サイズに作られた手動のポンプと、高圧の炭酸ガス(CO2)を利用したボンベ型の空気入れです。手動のポンプにも大きさは手のひらサイズから、30cmほどの大きさのものまでありますが、自転車に積むのならなるべく小さなものが良いと思ったのと、手動ポンプだと何回シュコシュコしないといけないんだろう?とその労力におじけ付き、「TNI CO2インフレーター」を購入しました。

続きを読む