ミストラルのペダルを片面SPD「PD−A530」に交換してみた

片面SPD PD-A530

ずっと付けたかったSPDペダル。やっと実現しました!とはいうもののSPDシューズはまだ買っていないという中途半端な状態(笑)。実際に足を固定して走行していませんが、「引き足」の実現に一歩近づきました。

SPDペダルを付けるにあたり、どのペダルにするかとても悩みました。なぜこのペダルを選んだのか?SPD-SLにしなかったの?など今、まさにSPDペダルを検討されているの方の、ご参考になれば嬉しいです。このペダルを選んだ理由と取り付け方についてお伝えしたいとおもいます。

SPDペダルとは

PD-A530の大きさ
SPDペダルは、ペダルにシューズを固定する事ができます。靴にはクリートと呼ばれる金具が付いていて、ペダルに付いている金具にカチャンとはめ込みます。ビンディングペダル、クリップレスペダルとも呼ばれます。

通常のペダリングでは踏む力だけで自転車を漕ぎますが、ビンディングを付けることで足を引き上げる力「引き足」を使えるようになります。

数字で例えると、踏むだけで10の力を出していたのであれば、踏む+引き上げるで10の力を出せば良いのでその分ペダリングが楽になります。

また、ペダルに足が引っ付いているので、ペダルを踏み込んだ時に足が滑ったり、ズレたりすることがなく、力が逃げないので効率良くペダリングできます。

SPDとSPD-SL

SPDには「SPD」と「SPD−SL」の2種類あります。名前が似ているので混同しがちですが、これらは全く構造が異なります。

「SPD」はもともとMTB用に作られました。その為、汚れや水分、泥に強い構造になっています。クリートは小さな金具で「シングルモード」と「マルチモード」という2種類の金具があります。

それぞれビンディングの外し方が異なり、シングルモードは踵を外側に捻って外します。マルチモードは上と左右どの方向でも踵を捻れば外すことができます。

ビンディングに慣れていない初心者の方は「マルチモード」から始めると良いでしょう。ペダルを購入した時に一緒についているのは「シングルモード」のクリートなので、新たに購入しなければいけません。「シマノさん。マルチモードのクリートを最初に入れてくれてたら最高に嬉しいのになぁ〜」と独り言を言ってしまいます。

「SPD−SL」は主にロードバイク用に作られています。三角形のクリートが特徴で、ビンディングの大きさもSPDと比べると大きく、樹脂でできています。SPD-SLのクリートやペダルは軽量でレースに向いていることと、ペダリング時にも点ではなく面で踏めるということが大きな特徴です。ただ、クリートが靴底から出っ張っているため、歩きにくいというデメリットも。そのため、ロードバイクに乗っていてもSPD-SLではなくSPDを利用している人も多くいらっしゃいます。

ビンディングの歴史はまだ30年ほどと浅く、今主流となっているビンディングペダルは、1984年にスキーのビンディングメーカーの「LOOK」が開発しました。その後、プロの自転車レーサーが装着し、好成績をあげることで広まり、shimanoなど各社で開発が進みました。今ではプロの誰もがつけているビンディング。ついこの前まで、自転車レースでもフラットペダルだったということですよね。信じられませんね〜。

両面SPDと片面SPD

片面にするか、両面にするか本当に悩みましたが、最終的に片面でさらに片面がフラットペダルになっているものを選びました。SPDペダルには「両面」「片面」「片面フラットペダル」の3種類があります。最初のうちは、「片面」と「片面フラットペダル」の差がわからず、危うくAmazonで「片面」を買ってしまうところでした。

「両面SPDが向いている人」は、通勤は家から会社の往復のみで、会社に革靴を置いておける人。クリートをはめ込む時に、ペダルの向きを確認したくない人

「片面SPDが向いている人」は、通勤は家から会社の往復のみで、会社に革靴を置いておける人。片面フラットペダルのフラット面を使わないことに気づいて、ペダルを軽量化したい人

「片面フラットペダルSPDが向いている人」は通勤は家から会社の往復と、時折、電車に乗るパターンがある人。会社に革靴を置いておくことはできないけど、週末はビンディングでロングライドしたいという人。

僕は駅まで自転車で行って、電車で移動するパターンがあるので「片面フラットペダル」のSPDにしました。本当は「両面」が見た目もよくて、軽量でいいなぁ〜と思っていました。ちょっとコンビニまでくらいなら行けるそうですが、さすがに2〜30分もスニーカーで両面SPDをペダリングするのは無理があるかな思い、最終的に「片面フラットペダルSPD」に落ち着きました。

PD-A530の取り付け

PD−A530とペダルレンチです。モンキーレンチでも外せそうな感じもありますが、噛ませる部分の幅が狭いので、ペダルレンチがおすすめだそうです。
PD-A530 片面SPDとペダルレンチ

ペダルの根元にはLとRの記載があります。よく確認して、左右を間違えないように取り付けましょう。クリートがはまらなくなってしまいます。
ペダルに表記されているLとR

標準装備されているwellgoのペダルをペダルレンチで取り外します。左側のペダルは逆ネジになっているので、右に回すとネジが緩みます。
wellgoのペダルを外す

右側は正ネジなので左に回すとネジが緩みます。思ったよりも固着しておらず、スっとネジが回りました。
wellgoの右ペダルを外す

固着を防ぐ為、ペダルのネジ部分にグリースを塗ります。
固着を防ぐグリース

左側は逆ネジなので左に回してネジを締めます。走行中に緩むといけないのでしっかり締めます。
左ペダルは逆ネジなので左に回して締める

右側は正ネジなので右に回してネジをしめます。
右側のペダルは正ネジ

完成しました!フラットペダル面とSPD面を比較するとこんな感じです。
フラットペダル面とSPD面を比較

標準で付いていたwellgoのペダルと比較。フラットペダル面で比較してもペダルの幅が狭くなりましたね。
片面SPD PD-A530

実際にスニーカーでペダルを踏むとこんな感じです。
スニーカーでペダルを踏む

フラットペダル面で走った感想

シューズがまだ無いので、フラットペダル面だけの感想ですが、気にしていたペダルの裏返し作業はそれほど気になりませんでした。

信号待ちの時に向きを合わせたりすることもなく、慣れれば踏んでみて「あ、裏か」とそのまま下死点まで足を乗せておき、足をペダルから離すと上死点でフラット面が上を向いてくれます。ペダル面がぶらぶらしていないので、常にSPD面が上を向くという状態ではありません。(ブラブラにも設定できるのかな??)

フラット面ですが、ペダルの剛性が増したように思います。このペダルに変えてから「wellgoのペダルの時は、外に力が逃げてたんだ」と感じました。踏んだ分「グン」と進む感じが増した感じです。

SPDシューズを買うまで、特に変化は無いかなとおもってましたが、ペダル幅も狭くなった分、足の小指側に力が入る癖が無くなったように思います。

シューズが無いのでSPDペダルの本領を発揮した感想ではありませんが、シューズ購入前に少しずつカスタマイズしたい派の方がいらっしゃるならば、靴がなくてもペダルだけ交換するのはあり!ということです。いやーほんとペダルまわりって大事ですね〜。と改めて実感しました。

  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. koic より:

    SPDペダル導入おめでとうございます♪ 次はいよいよSPDシューズですね!!

    .

    フラット面が上を向くようになっているみたいですけど、次回はクリートをはめ込むコツなど分かりましたら是非教えてください。

    .

    ちなみに私はサドルを交換してみました。ロード用の堅いサドルなのですが、レーパンを履かずにどれだけ長距離を走ることができるか?が問題ですね(汗)

    1. chario より:

      koicさん
      ついに一歩前進しました!
      そしてはやくシューズが欲しい!!

      koicさんに影響を受けて、giroのシューズを検討中です。デザインがとてもカッコイイですね。
      最初はエントリーモデルでいいかなぁ〜なんて思って、価格と安心感のshimanoを見ていたのですが、giroのシューズを見て心を撃ち抜かれてしまいました(笑)。

      奥さんに要相談案件です(笑)。

      クリートにはめ込むコツ。。。その前に「立ちゴケ特集」なんていう記事がアップされてしまうかもwww。

      サドルの交換。ブログ拝見しました!カッコイイなぁ〜!フォルムが少しスマートになりましたね〜。
      GIOS SelleItalia SL|AZZURRO DEMIO

      SelleItalia Q-BIKもですが、標準のサドルと比較してかなり軽いですよね?
      また、長距離での乗り味教えてくださいね!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)