キノコ頭にならないヘルメット OGKカブト FIGO(フィーゴ)

OGKカブト FIGO

初めてクロスバイクを購入した時、一緒にヘルメットも買いましたが、ヘルメットって要るのかなぁ?カッコ悪くないかなぁ〜?と少し懐疑的でした。

特に、キノコ頭になったらイヤだなぁ〜などと思っていました。自転車に乗るためにヘルメットをかぶるということが初めての経験だったので、かぶらない理由を探していたのかも知れません。

そこで今回はキノコ頭が気になる人でも安心してかぶれるヘルメット、OGK カブト FIGO(フィーゴ)をご紹介します。




なぜキノコ頭になるのか?

キノコ頭のヘルメット

単純に側頭部が張り出したヘルメットはキノコ頭になります。ヘルメットと顔の境目から上に行くにしたがって外側に大きく張り出すようなフォルムです。

また、外側の硬い部分(シェル部分)と内装のクッション材の厚みがあると、どうしても外側に膨らんでしまいます。特にヘルメットとの境目部分が分厚いと、半球状のキャップをかぶっているような印象になってしまいます。

これは側頭部の衝撃を和らげる為に、張り出しているのではないでしょうか。頭部を路面に打ち付けて大事に至るケースが多く、頭部のなかでも側頭部を打つことが多いようです。

そしてもう一つ、キノコ頭になってしまう大きな原因。それは頭の形です。頭の形を上から見ると、前後に縦長な楕円形の欧米人に比べて、日本人の頭は円形に近く、側頭部が張り出した形状になっています。キノコ頭をヘルメットのせいにしてしまいがちですが、僕たちの頭の形が、キノコ頭を呼び寄せているんですね〜。

そう言われても「見た目が格好悪い!!」と思ってしまうので、やっぱり拒絶反応が出てしまうのです。

FIGOはここが違う

FIGOとの違い

FIGOは比較的に側頭部の張り出しが少ないので、キノコ頭になりにくい形です。また、ヘルメットと顔の境目の部分も、クッションが分厚すぎないので、ヘルメットが浮いた感じがなく自然な印象に。

ヘルメットの内装もシンプルで、衝撃を吸収するスチロールに頭がフィットする構造で、後頭部のベルト部分で頭の大きさに合わせることができます。

頭に一回り発泡スチロールをかぶっているという感じですね。もちろん外側のシェル部分はカチカチのプラスチックです。

キノコにならないヘルメット

ネットで調べているとキノコ頭の悩みは切実です。いろんなサイトで紹介されているキノコにならないヘルメットを集めてみました。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) FIGO[フィーゴ] M/L ブラック
僕も持っているヘルメット。重さは260g。価格もお手ごろな上に品質も高く、日本自転車競技連盟公認を取得しているので、レースにも使える。最初に買うにはおすすめな一品。
OGK KABUTO(オージーケーカブト) REGAS-2 [リガス2] ブラック M/L
FIGOのアップグレード版。250gとFIGOより10g軽量化され、フォルムも切れ込みが多くなっている。フロントバイザーや通気性の良いインナーパッドが付いている。
KASK(カスク) VERTIGO 自転車 ヘルメット (ホワイト, L(59-62cm))
きくたけさんという方のブログで紹介されていた、脱キノコヘルメット。金額を見てびっくり!オーマイガー!でもロゴがかっこいい!
LAS(ラス)VICTORY WHITE L 14LVIC053G
こちらはLASのVictory。浅めのかぶりで流線型がとってもカッコイイ!!いろんなところで紹介されている人気のヘルメットですね。ちなみにお値段はこちらもオーマイガーです。
GIRO(ジロ) AEON ハイライトイエロ×ブラック S AEON13 HYEBK
GIRO(ジロ)のAEONです。ブログで紹介されていましたが、仕上がりが粗そうです。非常に高価なヘルメットです。あと数千円足せばミストラル買えちゃいます。
セレーブ マトリックスR MAT305 ホワイト/ブラック サイズ:L
セレーブはイタリアのメーカー。メーカー名がお金持ちみたいですね。個人的にはとても好みのデザインです。価格は手の届く範囲。
セレーブ ブリッツ 104 ネオングリーン/ホワイト/ブラック ヘルメット
セレーブ マトリックスの別グレードであるブリッツ。マトリックスより3000円ほど安い。クロスバイク用のヘルメットとしては丁度良い価格帯かもしれない。
bern(バーン) ヘルメット BRENTWOOD バイザー オールシーズンモデル Matte Black Visor L-XL(57-60.5cm)
こちらは街乗りでおしゃれな感じ。サイクルキャップのようなインナーは着脱可能です。マットブラックがカッコイイ!

最初のヘルメットとしてFIGOがおすすめ

キノコ頭になるのは嫌だなという気持ちでヘルメット買うかどうか悩んでいる方には、まずこのFIGOがおすすめです。金銭的に余裕があれば、上のリストにあるようなヘルメットもカッコイイですね。

クロスバイクで立ちゴケすることなんてそうそうないのですが、万が一の1回の為にかぶってほしいと思います。僕も路面の浮砂や、鉄板、タイル。道路脇のアスファルトの凹凸にハンドルを取られて、何度か怖い思いをしたことがあります。「きのこ頭になるから嫌だ!」という人が1人でもヘルメットをかぶってくれることを願っています。そして怪我のない楽しいサイクルライフを!

「キノコ」とか「ヘルメット」と言っていたら、急にスーパーマリオブラザーズUがやりたくなってきました。子供達と一緒に遊びましょうかね(笑)。







  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. koic より:

    おおお、OGKカブトのFIGOは安いですね!!
    私はCannondaleのラディウスというヘルメットを購入しましたが、これもキノコ頭にならなかったです。キノコ頭になるかどうかはやはり被ってみないと分かりませんよね(^^;

    1. chario より:

      koicさん
      Cannondaleのラディウス格好いいですね〜。早そうな流線型が本格的なフォルムしてます。
      こちらもキノコ頭にならないんですね。脱キノコ情報をありがとうございます!

      FIGO安かったです。もしもかぶらなかったらどうしよう?というのもあって、高いヘルメットは手が出ませんでした。

      >キノコ頭になるかどうかはやはり被ってみないと分かりませんよね
      顔の感じや頭の形でヘルメットのキノコ具合が変わるので、最終かぶってみないとわからないかもしれませんね〜。(^^)

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)