変速が楽に!ワイドレシオなスプロケットを交換してクロス化してみた!

SHIMANO CS-HG50-8-T 8スピード 13-23T

ミストラルには6速の壁というものがあります。僕が普段よく使うギヤの組み合わせはフロントがアウターで、リヤが3〜6速という3つの組み合わせです。しかしある程度スピードに乗ってきて、5速から6速にギヤチェンジすると、ガクンと重くなってスピードに乗り切れず、また5速に戻すといった事がよくあるのです。これが勝手に命名した「6速の壁」です。

なんとかならないかなぁと色々調べてみると、リヤスプロケットを交換する事で、ギヤ比の変わり方を緩やかにできるとのこと。5速から6速に変えた時、ペダルの重さがあまり変わらず、スムーズにギヤチェンジできれば6速の壁はなくなるはずです。という事で、リヤスプロケットを SHIMANO CS-HG50-8-T 8スピード 13-23T に交換してみました。




ワイドレシオとクロスレシオ

ミストラルには変速ギヤのshimano AltusやVブレーキといったMTBのコンポーネントが使われています。MTBは緩急の多いコースを走るため、急な坂道を登る軽いギヤから下り坂でスピードを出せる重いギヤまで搭載されています。このようなギヤ比の変化幅が大きいものを「ワイドレシオ」といいます。レシオがワイドな為、変速時にギヤ比が大きく変わり、急にペダルが重くなるのです。

一方、ロードバイクに搭載されているギヤ比の変化幅が小さいものを「クロスレシオ」といいます。ギヤ比も歯数が1〜2個しかかわらないことが多く、少しずつ負荷を上げながらスピードアップすることができます。

ギヤの歯数はTで表記します。ミストラルに標準搭載されているリヤスプロケットはSHIMANO CS-HG31-8 11-32T という型番で11T-13T-15T-18T-21T-24-28-32Tという構成になっています。6速の壁というのは18Tから15Tに変わる3T変わるところですね。この部分の変速比を少なくすれば、スムーズにスピードに乗れるはずです。

今回交換したスプロケットは SHIMANO CS-HG50-8-T 8スピード 13-23Tで、13T-14T-15T-16T-17T-19T-21T-23Tという構成になっています。これで18Tがありませんが、17から1Tづつ上げていくことができ、15Tへの変速とそれ以降の変速がスムーズになります。

リヤスプロケットの交換手順

後輪を取り外しやすくする為に、自転車をひっくり返します。この時ステアリングのヘッドキャップとシート部分が地面に接地するので、キズが付かないように、段ボールを敷いておくと良いと思います。
IMG_9357

リヤのVブレーキをつまみながらワイヤーロックを外します。ブレーキシューが広がり、タイヤに引っかからなくなりました。
IMG_9360

クイックリリースを緩めます。
IMG_9363

リヤディレーラーのテンションプーリーを押してチェーンを緩めながらリヤタイヤを抜き取ります。
IMG_9364

クイックリリースを外します。この時バネが飛んでいかないように注意して取り外します。バネに向きがあります。広がっている方が外側になります。
IMG_9374

ロックリング締め付け工具です。イオンバイクで購入しました。真ん中の棒を先ほどクイックリリースを抜き取った穴に差し込みます。するととても安定感があり、工具を回す時もグラつきを気にすることなく回せます。
IMG_9378

スプロケットリムーバーです。スプロケット外しやフリーホイールリムーバーなどと呼ばれています。
スプロケットリムーバー

スプロケットを外します。この体制が一番やりやすかったですね。左手にスプロケットリムーバーを。右手にロックリング締め付け工具を持ち、ジワジワと両手ともに下方向に力を加えます。すると「ガリガリガリ」という音と共にロックリングが外れます。
スプトケット交換時のロックリング外す
ミストラルのリヤスプロケットは全部のギヤが一体化していました。カセットスプロケットを言われる由縁ですね。一方新たに購入したCS-HG50-8-Tはギヤがバラバラにはずれるようになっています。

新しいピカピカのスプロケットを取り付けます。この時スプロケがバラバラにならないように注意してください。そしてロックリングをはめ込みます。

いよいよロックリングを締め付けます。ここで注意!ロックリングを締めすぎるとロックリングを壊してしまったり、次回取り外し時に外れなくなることがあります。ロックリングを締める時は、地面から天井へ引き上げる方向に工具を回し、クイクイっと工具を持ち上げると、タイヤの重さで「カチカチカチ」と締まります。適切な締め付けトルクに自信がない場合は、トルクレンチを使って締めましょう。
IMG_9415
クイックリリースを戻します。この時バネの向きに注意してください。
IMG_9418
以前についていたスプロケットと比較です。一番大きなギヤが32Tから23Tになった分、全体的に随分小さくなりましたね。色も黒からシルバーに変わりました。
IMG_9421
タイヤを取り付け、クイックリリースを締めて、ブレーキワイヤーを元どおりに止めれば完了です!

登りがキツいけどフロントギヤでカバー

デメリットとしては、今までなにも気にせず登れていた坂がキツくなりました。カチカチとギヤを切り替えますが、気がつくと「あれ?1速!?」。その後にフロントのギヤを変えるという感じです。軽いギヤが無くなった分、大きいギヤ比をつくれないのです。慣れればフロントを落としておいて、リヤで調整するという感じです。

あとはスプロケットを変えた後は、ディレーラーの調整をしなければ変速が「チャラチャラチャラガッチャン」とスムーズにいかないこと。リヤディレーラーのアジャスターボルトで調整しきれず、一旦ワイヤーをしっかり引っ張ってから調整しました。

(MTB用ディレーラーのままクロスレシオ化すると、スラント角が異なる為に変速機能が落ちてしまいます。詳しくは「リヤスプロケットをクロス化したら変速機能が落ちた⁉︎」をご覧ください!)

リヤスプロケットを変えるだけで、別の自転車のようになりました。今まで27Km/hくらいから30Km/hに乗せるのが大変でしたが、今ではとっても楽になりました。そうです。まさに「6速の壁」が消え去ったのです。

ただ、「6速の壁」は消え去っても、30km/hで巡航し続けるようなエンジンがね…。まだまだ持ち合わせて無いと思いますがw。

この記事の関連記事

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. koic より:

    あら~っ、私もスプロケットを交換しようと思っていたのですが先を越されましたね(^^;

    私はギアを切り替えるのが面倒なのでいつもフロントはミドル、リアは4速(21T)~7速(13T)を使っています。8速(11T)は下り坂用で、さらに加速する場合はフロントアウターに切り替えます。職場の近くに直線の長い下り坂があるのですが、その場所以外では使うことありませんけどw

    私は最初、12-23T(12-13-14-15-17-19-21-23)がいいかな?なんて考えていたのですが、ミストラルで一度ヒルクライムに出場してみようかな?なんて考えているので、とりあえず11-28T(11-13-15-17-19-24-28)にしてみようと思います。ノーマルの15-18-21の3Tずつ離れているのが解消されるだけでもスムーズに変速できるでしょうし。

    11-28Tならリヤディレイラ―も交換しないでもすむかな?と思っていたりします(笑)

  2. koic より:

    ↑11-28T、7速しかないですね(^^;;

    確か11-13-15-17-19-21-24-28 だったハズw

    1. chario より:

      koicさん
      先越してしまいましたか〜w。
      なるほど、リヤの使用域をずらしてフロントはミドルを使ってるんですね!
      僕は先入観で、フロントはアウターと決めつけて、ミドルを主体にするなんていうアタマにありませんでした。今度、ミドルを主体にして走ってみます!

      ストップアンドゴーが多いルートだと、漕ぎ出しが重いので13-23Tはあまり向かないかも!?
      でも、スピードに乗れば40Km/h前くらいまで出るようになりました。

      ところでkoicさん、ヒルクライムに挑戦されるんですか?クロスバイク代表ですねw応援してますので頑張ってください!

  3. まるちゃん より:

    お疲れ様です。
    charioさんも着々と自転車にハマってますよねぇ。
    交換したスプロケットって、もしかしたらロード用のパーツですか?。もう調べてみえるかもしれませんが、32T→23Tだとチェーンの長さが変わると思うのと、Rディレーラーのキャパシティーが合っているか調べたほうがいいかもです。ガチャガチャいった変速不調はその辺りが原因かもしれません。スプロケット交換はRディレーラーの交換が必要な場合もありますよ。

    1. chario より:

      まるちゃんさん
      おかげさまでハマっておりますcharioですw。
      交換したスプロケット。おそらくロード用なんじゃないでしょうか。クロスバイク用だとワイドレシオですもんね。
      と、そんな程度しかわからないのですが・・・。

      なるほど〜最大のギヤ歯の数が変われば、チェーンの長さも変わりますよね。
      しかしどうやってチェーンのコマ数わりだすんでしょうか?まるちゃんさんご存知ないですか?

      一応、アウタートップでテンションプーリーが直角になったので大丈夫だと思いこんでいましたが、やっぱり理窟上短くなるはずですよね。

  4. koic より:

    こちらにチェーンの必要リンク数がありましたよ。
    http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/chain_link.html

    こちらにはミストラルのリアディレイラ―を交換された記事があります。
    http://dddwx22523.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

    面倒なので詳しく計算していませんけど、32T → 28Tにする程度ならリアディレイラ―は交換しないで、チェーンのリンク数調整だけでいいかなあ?(^^;

    1. chario より:

      koicさん
      お調べいただいてありがとうございます!リンクを辿って記事を読んでみましたが、どうやらクロスレシオとワイドレシオでは「スラント角」が違うので、リヤディレーラーを替えたほうがよさそうですね(^^;
      さすがに32Tから23Tですからね〜。これは泥沼に足を踏み入れたような予感www。

  5. まるちゃん より:

    すいません、チェーンのコマ数の割り出し方は知らないんですよ〜。
    (⌒-⌒; )
    テンションプーリーで言えば、トップに入った時にガイドプーリーと接触するかどうかではないかと。自転車探検!とゆうサイトを見るとヒントがあるかもしれませんよ。

    1. chario より:

      まるちゃんさん
      ややこしいこと聞いちゃってすみません(^^;
      いや〜日々勉強ですね〜w。なんら深く考えずにスプロケを交換するといけませんね(笑)。
      自転車探検!でちょっとお勉強です☆

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)