おすすめのボトルケージ TOPEAK(トピーク)モジュラーケージⅡ

ボトルケージにペットボトルもしっかり固定

ペットボトルもバッチリ!トピークのボトルケージ

いままでボトルケージを付けていなかったのですが、真夏の走行で「これは要るぞ」とその必要性を強く感じ、ついにトピークのモジュラーケージⅡを購入しました。僕は、自転車用のドリンクボトルを持っていないので長い距離を走る時は自販機などで売っているペットボトルを携行します。そうなると、ペットボトルが入るボトルケージが必要になるのですが、買うとなると、どれがペットボトルに対応しているのかよくわかりませんでした。散々悩みましたが、見た目と機能、そして価格をみてこのボトルケージに決めました。

今回はお店で買ったのですが、目の高さにメインで陳列されているのは30〜40gの超軽量ボトルケージです。手に取ってみると、羽のように軽くてびっくりしました。でもペットボトルを入れるには合わなさそうな感じ。ロードバイクに乗っている方がよく使っているドリンクボトル用なんだと思います。トピークのモジュラーケージⅡを手に取ってみると、台紙にペットボトルを挟んでいる写真が載っているではありませんか。今回はこのボトルケージを実際に使ってみた感想をお伝えしたいと思います。




ボトルケージの取り付け

ミストラルのフレームには、ボトルケージ取り付け用の穴とネジが付いています。このネジをアーレンキー(六角レンチ)で緩めて抜き取ります。その後、ボトルケージのネジ穴をフレームのネジ穴に合わせて、先ほど取り外したネジを締めて固定します。これで取り付けは完成。約3分で取り付けできるほど簡単です。

ボトルケージ用のネジを外す

ミストラルについているボトルケージ用のネジをアーレンキーで外す

ボトルケージをアーレンキーで固定

ネジ2つで簡単に固定できる

ボトルケージの仕様と機能

カーボンなどで作られたロード用のボトルケージと比べて、見た目はなんだか重そうですが、実は72gと思いのほか軽量です。実際に測ってみると、69.7g。2.3gの誤差はありますが、軽いのは良いことですね。見た目が重そうといっても、これくらいの重さなら、全く気になりません。本体は、アルミのパイプが良いアクセントになっていて、いい感じです。

ボトルケージの重さは69.7g

公式には72gだが測ってみると69.7gだった

なんといってもこのボトルケージの最大の特徴は「ボタン」ひとつでケージ部分を好きな大きさに調節できるところ。通常ならサイズは固定か、できたとしてもネジで調整するものが多いと思います。ボタンを押しながらネジ山に当たっているストッパーを浮かせてスライドさせ、ボタンを離すとストッパーがネジ山に噛んで固定されます。実にカンタン!φ63〜74mmのボトルに対応していて、缶コーヒーから、ペットボトルまで搭載可能です。まさにペットボトル派には嬉しい仕様です!(缶コーヒーは若干ガタつきがあります。モジュラー ケージ EXの方がフィット感が高いかも!?)

ネジ山へのストッパーを解除するボタン

ボタンを押すことでネジ山へのストッパーを解除し、上下にスライドできる

カタカタ音を防止する行き届いた仕様

サイズが固定されたボトルケージにペットボトルなどを入れるとガタガタと振動の度に揺れ動き、気になります。みなさんどうされているのか解らないのですが、タオルに包んだり、かましたりして音が鳴らないように工夫が必要です。

しかし、このボトルケージは大きさをぴったりに合わせてホールドできる事に加え、滑り止めのゴムが付いているので、収めたボトルが揺れ動きにくくなっています。特に缶コーヒーのような丸いカンカンは、この内側のゴムが滑り止めになっています。アルミ素材でできた「抑え」がバネのように適度に締め付けてくれるので、ホールド感はバッチリです。

実際に信号待ちで、ボトルを抜き差ししてみましたが、スコンという感じでボトルが入ります。気持ちいい!多少荒く入れても、しっかり収まってくれます。また、取り出し時も引っかかりなどなく非常にスムーズです。

クロスバイクの場合、通勤に毎日マイボトルにドリンクを仕込んで持っていくというのが大変だったりします。真夏の通勤時には、ペットボトルのお茶を半分だけ凍らせて、残りの半分を出勤時に補充しておけば、信号待ちで冷たいドリンクを飲むことができます。今までは、ペットボトルの飲み物をカバンに入れていたので、毎回取り出すのが面倒で億劫でした。ちょっとしたことですが、熱中症には効果的なグッズかもしれませんね。







  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. koic より:

    ボトルケージ取り付けられたんですね。悪天が続いていますけど、まだまだ蒸し暑いですから必要ですよね~。

    私もミストラルを購入後、ペットボトル用のボトルケージにするか? ボトル専用のものにするか? 少し悩みましたが、信号待ちでフタを開けているうちに信号が青になってしまいそうなのでペットボトル用は見送りました(^^;

    ちなみに本日サドルを交換してみました。尻が耐えられるかどうか?ちょっと不安ですw

    1. chario より:

      koicさん
      お!サドルいいじゃないですか〜!ミストラルのサドルってロードバイクに比べるとずっと柔らかいですもんね。
      ブログ拝見しました!かっこい〜!GIOSのロード用のシートですか?
      ミストラルのサドル交換|AZZURRO DEMIO

      ボトルケージは、ちょっと付けるタイミングが遅い気もするのですが・・・やっと付けました(笑)
      koicさんもペットボトル用かボトル専用か迷われましたか。確かに信号待ちで、キャップを開けたり閉めたりしてるうちに信号変わりますwww
      なので、赤になりたての信号か、明らかに青に変わるまで長いとわかる信号じゃないと飲めないですよね。
      そのあたりが鬱陶しくなってくると、いよいよ専用ボトルかなぁ〜。
      ボトルについては、毎日家で洗ったり、ドリンクを入れたりというところができるか不安だったのもありますね。

      まだ、ボトルで飲む癖がないので、ボトルを挿してるの忘れて「喉乾いたなあ〜・・・」なんてこともありますw

  2. koic より:

    ええと、こんなのです(^^;

    http://minkara.carview.co.jp/userid/600973/blog/

    1. chario より:

      koicさん
      超かっこいいですね〜!
      これはGIOSのロード用ですか?
      なんというか、自転車全体からミストラル愛を感じますね♪

  3. koic より:

    GIOSのオプションで、2014年までのカタログには掲載されていたのですが、今年のカタログからは落ちちゃったみたいです。

    限定で販売されたミストラル・ブルーリミテッドにはこのサドルの青が付いていますね。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)