実装レポート!iPhone6Plus対応の自転車用スマホホルダー2代目

ジオスミストラスにiPhone6Plusを搭載

実装レポート!iPhone6Plus対応の自転車用スマホホルダー

以前使っていたスマホホルダーはこちら。そのホルダーが思いもよらず壊れてしまい、2代目を新たに購入しました。「TiGRA Sport製MountCaseシリーズ MountCASE BIKE KIT for iPhone6 Plus(5.5)」です。

TiGRA Sportは海外のメーカーで、多数のiPhone用のマウントケースやサイコン、ライト、心拍数を検知するセンサーなどを販売しています。前回すぐに壊れてしまったということもあり、ノーブランド品は避けたかったので、今回はこちらのメーカーのスマホホルダーを選びました。




iPhone露出型のスマホホルダー

今まで使用していたホルダーは、スマホ用の小さなバッグのような感じで、中にすっぽりと入るタイプでした。今回は、スマホがケースに覆われず、そのまま自転車のハンドルに取り付けられるタイプです。

届いた時の梱包はこんな感じ
届いたスマホホルダーのパッケージはプラスチックのケースに入っています。

梱包の裏側はこんな感じ
裏面はこのように出っ張っています。iPhoneのケースと、マウントするキットが元々別の梱包になっています。それらをくっつけた為に少しイビツな形に。

内容物
内容物は「スマホケース」「六角レンチ」「ゴムプレート」「マウントキット」です。一緒に取扱い説明書も同梱されています。

取り扱い説明書
説明書にほとんど文字はなく、イラストで取り付け方が書かれています。

穴が空いているところに六角レンチを入れる
まずマウントキットをハンドルに取り付けます。真ん中に穴が開いていますが、六角レンチを差し込む穴です。

六角レンチを右に回すとバンドが締まる
この穴に六角レンチを差し込み右に回すと、通し穴に通していたバンドが手前にニョキニョキと出てきてバンドが締まります。「インシュロック」のようにバンド部分を通し穴に押し込むだけで、カチカチと締まると思っていたのですが、その方法では全然入らず、押し込むことができませんでした。六角レンチを回さなければ、ベルトが出てこないという構造に、バンドの通し方が判らず最初は苦労しました。

ゴムプレートを巻きつける
取付したい位置にゴムプレートを巻き付けます。この時手で押さえて取付けましたが、上手くいかない場合はマスキングテープなどで仮止めをすると良いかもしれませんね。

マウントキットを六角レンチで締め込む
その上からマウントキットのバンドを当て、位置がずれないように、六角レンチを使ってバンドを締めます。

六角レンチを差し込み右に回す
角度が合っているか確認しながら、バンドを最後まで締めこみます。僕はそのままにしていますが、余ったバンドはカットすると見た目も良くなると思います。

iphoneケース
iPhone側に取り付けるケースです。表面には防水カバーが付いています。防水カバーの上からiPhoneを操作することができます。ストレスなく動いてくれます。

iphoneケースの裏側
ケースの裏面は、マウントキットに固定する為にボコッとした出っ張りがあります。普段からiPhoneのケースがこれになるので、これを良しとするかどうか。

今まで使っていた透明ケースともおさらばです。

ケースにはめ込む
実際にはめてみると手触りもしっとりしていて滑りにくい感じで気に入りました。ただし、机の上にiPhoneを置いて、文字を打ったり、操作を行うとガタガタしてしまいます。

防水ケースを付ける
防水カバーをはめてみました。全体が白っぽくオブラートで包まれたような感じになります。「雪見だいふく」の皮と言ってもいいかもしれません。

防水ケースをつけても充電可能
カバーを付けたままでも充電やイヤホンを接続することが可能です。外部バッテリーをつないで、長時間使用したい場合も対応できるのではないでしょうか。接続部から雨が入りにくいような構造になっているように見えます。

ジオスミストラスにiPhone6Plusを搭載
iPhoneの取付時は、まず左に45度ほど斜めにしてはめ込み、まっすぐになるように回転させてカチッと固定させます。慣れるまでは、かみ合わせる場所の感覚が掴めず、すぐにはめ込めませんでした。

赤いボタンを押して取り外し
取り外し時はマウントキットのサイドについている赤いボタンを両側から押しながら、iPhoneを左に45度ほど回転させて取り外します。

とにかく見やすくてスタイリッシュ

以前使っていたスマホホルダーは、小さなバッグという印象でしたが、今回のホルダーはiPhoneがそのまま引っ付いている感じでとてもかっこいい!最初は「落としたらどうしよう。絶対に画面割れるよな…。」と不安でしたが、実際に使ってみて、段差などの衝撃があっても、しっかり固定されていて不安も吹き飛びました。

また、コンビニに入るときも「カチッ」と簡単に取りはずし、自転車に戻ればまた「カチッ」と取付。以前のバッグの時よりも簡単に取り外しができるようになりました。

僕は前に使用していたバッグのタイプよりも今回のスマホホルダーの方が気に入りました。画面が綺麗に見えますし、操作も遮るものがなく快適。見た目もスマホがそのまま引っ付いているのでスタイリッシュです。僕は防水カバーを付けていないので雨の時が気になりましたが、雨が降ってきたら外してカバンに入れれば問題なし!気になる方は防水カバーを付けて出発すれば、雨の中でも使用可能です。

唯一気になる点は、このスマホホルダーを使うには、iPhoneのケースを選べないという点です。付属しているケースに変えなければ、取付けできません。もしもお気に入りのスマホケースを付けた状態で、サイコン化したいというなら、バッグタイプのスマホホルダーの方が向いていると思います。

あとはすぐに壊れなければ、良いですね。総合的に見て、結構良いスマホホルダーだと思います!







  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)