自転車と一緒に空気入れを買う理由

クロスバイク 空気入れ トーピーク

自転車と一緒に空気入れを買わなけれならない理由

僕が乗っているジオスミストラルのタイヤは「フレンチバルブ」というタイプのバルブが使われています。いままで生きてきた中で初めて見る形のバルブです。本格的なクロスバイクやロードバイク、MTBなど乗ったことが無かったので、初めてというのも仕方ありません。

そんなバルブに空気を入れなければならないのですから、もちろん空気を入れる術も持っていません。フレンチバルブ専用の空気入れが無ければエアをいれることができないからです。




フレンチバルブってなんだ?

バルブには3種類あります。まずは一番馴染みのある形「英式」です。シティサイクルによく使われています。いままで、自転車のバルブはこれしかないと思っていました。次に「米式」。アメリカンタイプです。このタイプのバルブは原付などに多いそうです。そして「仏式」。フレンチバルブです。フレンチバルブはロードバイクやクロスバイクに多く使われています。

クロスバイク 空気入れ フレンチバルブ

フレンチバルブは他のバルブと比べて細くて長いですね。なのでいままでシティサイクルに空気を入れていた空気入れでは口元が合いません。英式バルブ用の空気入れでどう頑張ってもフレンチバルブに空気を入れることができません。

空気入れのクリップで指をはさむ!

フレンチバルブに空気入れの先端部をセットするとき、空気入れの先端をロックして、空気を入れている時に漏れないようにします。この時クリップのように「パチン」とレバーを倒します。このレバー、気をつけておかないと手を挟みます。これがまた地味に痛い(笑)。

ではなぜ、フレンチバルブがついているのでしょう。それは米式に比べて軽いということ。そして、ロードバイクなどタイヤのリムが細いタイヤにに穴を開ける時、穴径が小さい方が耐久性が向上するということのようです。みなさんも、クロスバイクやロードバイクを購入する際には、空気入れを一緒にご購入。忘れないでくださいね♪







  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. まるちゃん より:

    お邪魔します。
    私のマウンテンバイク、元はフレンチでしたが、英式に変えました。理由は、安価なこと、手に入りやすいこと、空気入れを確保しやすいことですね。
    ただ、フレンチほど空気圧が上がらないので、走行抵抗は大きくなるんですけど。
    でもフレンチいいですよね。バルブを折らないように気をつけて下さいね。

  2. chario より:

    まるちゃんさん
    フレンチバルブから英式に変えるというのもアリなんですね〜(驚)
    たしかに、町の自転車屋さんで英式なら空気入れを貸してもらえますが、フレンチは見たことないです。知らないだけかも知れませんが。
    折らないように、気をつけます!

  3. まるちゃん より:

    出先でパンクしても、修理キットも持ってますし、大概の家庭には英式の空気入れがありますから。
    それに、英式は百均の携帯空気入れが、応急的ではありますが使えます。
    因みに、フレンチから英式には、リムの加工が必要です。私の場合(中古で譲ってもらった為)、恐らく元は米式だったと思うんです。リムのバルブ穴が大きく、フレンチ使うためバルブにスペーサーがはめてありましたから。元々穴が大きかったので、リム加工せずに英式が使えたんですね。

  4. chario より:

    まるちゃんさん
    なるほど〜。英式の方が汎用性が高いってことですね。その代わり、リムの穴の加工が必要。23Cのタイヤに合うものがあれば、利用価値は高いですね。安心感があるというか。
    まるちゃんさんの自転車は、リムを加工せずに英式を使えたというのは良かったですね☆

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)