タイヤの違い 28Cと23C

28Cと23Cの違い
28Cと23Cのタイヤの違い

ジオスミストラル2015には標準で、KENDA K-193 700×28Cのタイヤが付いています。はじめてのクロスバイクということで、なんら不憫な思いはしていなかったのですが、スピードアップの為、購入後すぐにVittoria Rubino Pro 3 Folding Clincher Tyre 700×23Cに、チューブをVittoriaR2VT080107X ウルトラライトブチルチューブ 700×19/23c バルブ長42mm に交換しました。

いろんなブログやホームページで「劇的に変わった」「タイヤを替えるのが一番違いが判る」など書いてありましたので、是非チャレンジしてみようと思いました。





Vittoria(ヴィットリア) Rubino(ルビノ) Pro 3 Folding Clincher Tyre ブラック 700×23C 2本セット
Vittoria(ビットリア) ウルトラライトブチルチューブ ロングバルブ付き51mm

重さが約1Kg軽くなった

標準で装着されていたタイヤをホイールから外し、まず思った事。それは「重いなぁ~分厚いなぁ~」という印象でした。しっかりしてるといった方が正しいのかも知れません。パンクしにくいタイヤだと思います。

また、チューブも交換しました。チューブもしっかりとした作りで耐久性に優れていそう。街乗りは縁石など段差が結構多いので、パンク対策がしっかりされているという印象です。これらのタイヤとチューブを交換するだけで約1Kg軽くなりました。手で持ってみても明らかに違いが分ります。

驚くほどスピードが上がった!

試しに走行してびっくり!ペダルが軽い!同じ力でペダルを踏んで、ギヤ1つ分軽くなりました。タイヤを替える前日と変えた後で、10Kmの距離で平均速度が17.5Km/hから21.2Km/hまでアップしました。平均速度が3.7Km/hもアップしたことになります。

スピードアップには車体の軽量化や僕自身のパワーアップ、テクニックももちろん必要ですが、みなさんが言われる「劇的な変化」を体験することができました。ジオスミストラルを購入したら、タイヤを替えるとスピードアップできますよ!スピードよりも耐久性が必要な方は、28Cのままがいいかも?







  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. まるちゃん より:

    23c良いですよね。1回だけ23cのクロスバイクに乗ったことありますが、漕ぎの軽さにびっくりしましたよ。
    私のマウンテンバイクでは、単位がちょっと違いますが、元々2インチ幅用のホイールなので、細めのタイヤといっても1.5インチが限界。28cよりもっと太いです。
    漕ぎも車重も軽い自転車、憧れます。

  2. chario より:

    まるちゃんさん
    マウンテンバイクはタイヤ幅の単位がインチなんですね~。知らなかった。
    マウンテンバイクには細タイヤより、ゴリっとしたタイヤが似合いますよね☆
    気が付けばまるちゃんさん、ロードに乗ってたりして♪

  3. chario より:

    rikumyuさん
    違いをすぐに体感できたくらい効果が高かったですね。23Cほんとおすすめです!

  4. まるちゃん より:

    ロードは乗りたいですねー。でもお値段が…。
    暫くはマウンテンになりそうです。
    因みにうちのマウンテン、20年前の旧車です。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)