キャノンデール CAAD12に乗った感想〜クロスバイクとの違い

CAAD12

CannondaleのCAADシリーズと言えば、言わずと知れたアルミバイクの最高峰。あのまばゆいグリーンを見れば、バイクはKAWASAKI、ロードはCannondaleです。20万円台でレースで戦えるくらいの性能を誇っているというのは本当に凄いの一言ですよね。CAADシリーズはCAAD10から気になっていました。

乗ってみたいなぁ〜と思っても、試乗会となると丸1日かかってしまうので、なかなか参加できません。そんな時、ショップで試乗できるのを知り、先日実際CAAD12に試乗させていただきました。CAAD12がクロスバイクと一体どれほどまでに違いがあるのか、お伝えしたいと思います。




半端ない加速にビックリ

shimano 105

試乗の手続きとして、写真入りの身分証明書の提出と、誓約書へ必要事項の記入を終えてお店の前に出ました。ドキドキ。お店に借りたヘルメットを被り、いざスタートです。

いきなりスピードを上げるのは自信が無いので、まずはゆっくり慣らします。シフトの変更も初めての「デュアルコントロールレバー」です。大きい方のレバーと小さい方のレバー、どちらでシフトアップするのか全然感覚がつかめないので、練習しながらゆっくり走ります。コンポーネントはShimano105です。

ミストラルで変速をすると、「スチャッ」とか「ガチャッ」という感触で変速しますが、105はやっぱり凄いですね。「ポコっ」とレバー側の感触だけで、足元への衝撃がまったくありません。樹脂レバーの手応えとでもいいましょうか、クロスバイクの変速時にある金属的な感触がまったく無いのです。

少し慣れてきたので、スピードを出してみることに。大きな通りで信号が変わるとともにスタートダッシュ!

「グングングン」とペダルを踏みます。すると踏んだ分そのままスピードに変わっていきます。あっという間にトップスピードに到達。「なんだこれは?」ミストラルとの違いとして一番感じたのが、この加速でした。ひと踏み分の力が無駄無くスピードに変わる感覚。体が軽くなった感じといえば良いでしょうか。高性能なバイクというのは、これほどまでに違うものなんですね。

アルミバイクということで、振動はどんなものか?気になっていました。ミストラルはガチガチのフレームなので振動がガッツリ伝わります。ミストラルは「ゴトゴトゴトン」という感じ。それに対しCAAD12は「トクトクトクン」という感じ。気になっていた振動がしっかり吸収されていて、アスファルトのロードノイズやガタつきがまろやかに。設計や素材によってこんなにも変わるのか〜と感心しました。

効く効くっ!キャリパーブレーキ

キャリパーブレーキ

ミストラルは制動力の高いVブレーキです。ロードバイクはほとんどが制動力が比較的弱いキャリパーブレーキ。スピードの出るロードバイクでブレーキが弱いとなると、かなり手前からブレーキングが必要?と思っていましたが、105のキャリパーブレーキはクロスバイクのブレーキと変わらないくらいしっかりした制動力がありました

違いといえば、Vブレーキが「ガンっ!」と効くのに対し「グーンっ」と握る強さに応じてブレーキ力をコントロールできるところ。「キャリパーは効かない」というのは解釈が違っていたなと思いました。構造上Vブレーキの方が強く「リム」を挟むことができるのですが、キャリパーであっても十分減速できますし、細かいニュアンスを伝えることができるというのがキャリパーの特性かなとおもいました。ミストラルの純正のブレーキと105のグレードの違いなのかもしれませんが。

ポジションがなぜかバッチリ!?

CAAD12にまたがって、サドルの高さバッチリ。上ハンドルを握って楽だな〜という姿勢でした。僕のミストラルはハンドルを目一杯下げています。ロードはもっと低いんだろうなとイメージしていたのですが、思ったよりハンドル位置が高く感じました。下ハンを握るとさすがにちょっとロードの方が低いかな?くらいの印象でしょうか。

でも、この体験をしたおかげでハンドルを下げれば良いというものでもないなと思いました。もう少しハンドルを上げて、荷重バランスの良いハンドル位置を見つけたいと思います。

サドルも硬くなく、おしりがまったく痛くなりませんでした。こすれるような箇所もなく、試乗が終わってから店員さんに「全然おしりが痛くなかったです」と伝えると「サドルは合う合わないがあるので、きっと合ってたんだと思いますよ」とアドバイスが。CAAD12のサドルはセラロイヤルというメーカーの「Seta S1」というものが使われているそうです。サドルの候補も色々ありましたが、コレにしようかなぁ〜と現在検討中です。


Selle Royal Seta S1 Flat Selle

盗難が怖い!ロードバイク

大満足で試乗を終えて、店員さんに質問の嵐。中でも気になっていた盗難について。僕がもしロードに乗るとすると、自転車置き場にロードを止めることがあるのです。そのことを店員さんに聞くと「危険ですね〜自転車置き場はやめておいたほうがいいですよ。」とのこと。週末のロングライドにだけ使うというのが盗難防止という意味では理想的だそうです。

僕はクロスバイクに乗って自転車通勤や、会社訪問、駅に止めて電車に乗るといったシチュエーションで利用することが多いのですが、ロードバイクでは同じような使い方ができないかも知れないですね。僕の場合は乗るならガッツリ乗りたい派ですから、今日はロード、今日はクロスと使い分けないといけないのか〜とちょっと意気消沈してしまいました。

CAAD12に試乗した感想

年齢を重ねると、しなやかなカーボンが良いという話を見かけますが、CAAD12に乗ってみて「カーボンじゃなくてもいいな」と思いました。カーボンバイクに試乗していないので、まだ判断するには早いかもしれませんが、それくらい「硬いアルミ感」がなかったというのが正直な印象です。

それに、とにかく車体が軽い!持ち上げるとヒョイと持ち上がります。なんとフレームだけだと1098g。105のコンポを取り付けて、総重量は8.12kgだそうです。実はプラスチックでできているんじゃないか?と思うような重さです。皆さんも是非機会があれば持ち上げてみてください。指2本もあれば十分持ち上がるのではないかと思います。

やはりクロスバイクとロードバイクの性能というのは、かなり違いがありますね。振動が少なくて、加速が凄まじい。変速時のギア比もスムーズ。クロスバイクででロードバイクを追いかけても、追いつかない訳だ(笑)。特にスタート時の加速が違うので、信号待ちからの本気スタートではかないません。ロードなら40km/h巡航も夢じゃないなと。(僕の場合10秒も持たないと思いますがw)

これらを総括すると、フレームの素材や設計が重要だなぁと感じました。タイヤやコンポは変えることができますが、フレームとなると丸っきり自転車のクセやバランスが変わってしまいます。クロスバイクをいくらカスタマイズしてもフレームの壁は超えることができません。ミストラルのフレームを変えたらどうなるかな?と考えたことがありますが、当然それはミストラルではなくなってしまいます。それほど自転車のフレームというものが重要であり、CAAD12はそのフレームが優れているということではないかと思いました。

ま、CAAD12はアイドルみたいなもので、今回は握手会に行ったという感じでしょうか。ミストラルがヤキモチを焼くといけませんので、その後チェーンとスプロケのお掃除をしてやりました(笑)。これからはまだまだミストラルを突き詰めていきたいと思います。

  • 広告募集中






  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. よっちゃん より:

    こんにちは!

    自転車は一般的にカーボンがありがたがられますが、アルミでもほぼ近いパフォーマンスが出ますよね!リーズナブルですし♪

    最近は電動シフターとかもありますが、あれにもぜひいつか乗っていただきたいです!変速に力が全くいらないですよ(*´∇`*)

    ぜひぜひまた自転車記事を楽しみにしております♪♪

    1. chario より:

      よっちゃん
      カーボンは高いですもんね〜。20万円台でエントリーモデルのカーボンとアルミのCAAD12を比較すると、みなさんアルミに軍配が上がります。最初の1台とかクロスバイクからのロード1台目としては、caad12は良いですよね〜。

      最近は電動シフターとかもありますが、あれにもぜひいつか乗っていただきたいです!変速に力が全くいらないですよ

      是非乗ってみたいですね〜!フロントもヌルヌル動くのかな??もうオートマチックが出そうな勢いですね(笑)。

  2. わーし より:

    charioさんこんにちは!
    梅雨も明けて、晴れの日が続くのは良いですが、通勤時の熱中症にはくれぐれも注意ですねー。

    遂にcharioさんがロードデビューするのかと、ドキドキしながら読んでしまいました。笑

    先日友人がロードバイクを乗り換えるということで、格安で譲ってもらえる話があったのですが、charioさんと同じ理由で見送りましたf^_^;

    やっぱり、せっかく持つなら通勤にも買い物にも使いたいですもんねー。
    とは言っても盗難怖いですし。
    そして、そうなると今度はミストラルが埃かぶってしまうのが可哀想で。笑

    私も、まだまだミストラルくんと走り回りますよー!

    1. chario より:

      わーしさん
      こんにちは!今日は10kmほど走りましたが、なかなかの日差しですね。強烈な日差しにドリンクなしでは走れません。

      ロードに乗り換えかと思いました?ドキドキさせてすみません!もし乗り換えたら、このブログのタイトルも変えないといけませんね(笑)。

      出かける先に応じて、自転車に乗れる、乗れないというのは皆さんどうされているのでしょうね?気にせずという方もいらっしゃるとは思いますが、盗難はほんと勘弁してほしいです。

      ロードへの憧れを抱きつつも、お互いにミストラルを大切に乗りましょうね!

  3. 時速4km/h より:

    お久しぶりですー(笑)、ロードはいいですよー(笑)、僕はgiosのアルミフルロードのLESTAから最近derosaのidolカーボンに乗り換えました(笑)、ロングライドならカーボンの方がいいと思います、硬いフレームはパワーのあるヒトだと、グイグイ推進力に換えてくれるのでオススメです(笑)、通勤はgiantのidiomを買いました(笑)、ポケモンGO対策で携帯ホルダーも着けました(笑)

    1. chario より:

      時速4km/hさん
      derosa idolですか⁉︎かなりの上級ロードバイクじゃないですかっ!しかも通勤と乗りわけで、ポケモンGO対策のホルダーまで搭載とは恐れいりました!

      ロードとクロスの2台置けるような広い玄関が欲しいなぁ〜。2台?3台?所有なんて憧れますね〜。

      あとくれぐれも、ポケモンGOをしながらの運転には気をつけて下さいね!走りながらモンスターボールを投げちゃダメですよ〜笑。

  4. はやひで より:

    ロードは通勤に使いにくいですね。安いのなら今度は性能に満足しないと思います。
    今回のは105だったみたいですが、
    4600系ティアグラのブレーキは効きが悪かったですね。
    すぐに105に変更しました。(怖くて急な坂道降りれなかった)

    変速もやはり105以上が良いと思います。最初はティアグラで十分と思う所でしょうが、やはり差を感じると後で手を出す事になり割高になっちゃいますね。

    1. chario より:

      はやひでさん
      やっぱり通勤にロードは使いにくいですか〜。。。
      おっしゃる通り、かといって安いのは性能に満足しないでしょうね〜。

      初期コストを抑えるためにティアグラという選択肢もあるのですが、多くの方がおっしゃる通り105以上というのが妥当かもしれませんね。ブレーキの効きについて貴重な情報をありがとうございます!

      「しばらく乗ってみて、必要になってからでも交換できるし・・・。」という言葉に納得して購入を決意する!というのもありますが、同じ買うなら、ここは思い切って105以上を搭載した方がよさそうですね!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)