15分で自転車を掃除!ワコーズ・フォーミングマルチクリーナー

ワコーズ フォーミングマルチクリーナー

しっかりと自転車の汚れを落とそうと思うと、やはり1〜2時間くらいは覚悟しなければいけません。徹底的にキレイにしようとおもえば、もっと時間が必要です。でも自転車の掃除にそんなに時間は取れないというのも実情ですよね。気が付いたら数ヶ月メンテもせず、放置状態ということも「あるある」ではないでしょうか?

もしお手軽に掃除ができたらということで、ワコーズのフォーミングマルチクリーナーを使って15分でどれくらいキレイになるか?実際に試してみました。

ワコーズ フォーミングマルチクリーナー

ワコーズ フォーミングマルチクリーナーは、吹き付けて拭くだけの、水を使わずに汚れを落とすことができるクリーナーです。排水設備がなくても、屋内でも自転車の掃除ができるという素晴らしいクリーナーです。もしかするとこれ1本で自転車の掃除は完璧にできるのでは?と考えてこのクリーナーを選択しました。

ワコーズ フォーミングマルチクリーナー

塗装面や素材を選ばずに簡単水なしで洗浄が可能なため、マット塗装のフレームやサドル、バーテープ等の洗浄も可能。素材に優しいので自転車・オートバイ・自動車・家具・ガラスまで多用途に使用できます。まさにこれ1本あれば、パーツに気を使うことなく自転車まるごとキレイにできそうですよね。

自転車の洗い方などでよく紹介されているのは、「ワコーズ フィルタークリーナー」です。強力な脱脂力で汚れをみるみる落としてしまう優れものです。ただし、フィルタークリーナーを使うと水で流さなければいけません。水で流すとなると錆がでないようにしっかりと水分を飛ばして、オイルでコーティングするとなると、結構手間暇が掛かってしまいます。

今回のように簡易的に自転車を掃除する場合、時間も手間もワコーズ・フォーミングマルチクリーナーの方が使い勝手が良いですね。

フレームからチェーンやスプロケットまで

フォーミングマルチクリーナー1本でフレームからチェーン、スプロケットといったオイル汚れがしっかりついているところまでキレイにできるということです。掃除前はこんな感じで汚れています。

掃除前のbb付近

掃除前のシートポスト付近

掃除前のフロントフォーク付近

掃除前のスプロケット

掃除前のチェーン

フレームは水アカや泥といった水性の汚れと、どこからともなく飛んできた油分である油性の汚れが付着しています。シートやフレーム、ブレーキ周りやチェーンリング、チェーンにスプロケとタイヤ以外の場所全てにクリーナーを吹き付けました。

クリーナーを吹き付け

クリーナーをBB付近に吹き付け

クリーナーをフロントフォーク付近に吹き付け

クリーナーをスプロケットに吹き付け

クリーナーをチェーンに吹き付け

落ちた汚れと残った汚れ

泡がなくなってきたら拭き取りのサイン。フレームを拭きあげると「すごい!取れてる〜!」真っ白なフレームの表面についていた、膜のようなグレーの汚れが落ちてキレイなパールホワイトが。水性の汚れはもちろん、油性の汚れも落ちています。頑固な油汚れは、吹き付けては拭いてを数回くりかえすと効果的でした。拭き上げたフレームは指でこするとキュッキュッと音を立てる感じに。

BB周りはクリーナーが内部に侵入して、グリスが流れ出ないか心配しましたが、クリーナーが泡なので大丈夫そう。そのままチェーンリングやBB周辺のフレームにもブシューっと吹きかけました。

掃除後のBB付近

清掃後のシートポスト付近

掃除後のフロントフォーク付近

掃除後のスプロケ付近2

掃除後のチェーン

しかし、頑固な油汚れや、アウターワイヤーが擦れてできた汚れなど一部は落とすことができませんでした。頑固な油汚れは汚れが伸びてしまう感じに。時間をかけてクリーナーの吹き付けと、キレイなクロスで拭く作業を繰り返せば落ちると思います。アウターワイヤーが擦れた痕は、「ピカール」のような研磨剤で磨くしかないのかもしれません。

チェーンの汚れはどうでしょうか。フォーミングマルチクリーナーを吹きかけ、ウエスでチェーンをこすってみました。すると、クリーナーを吹きかけた場所はスルスルと拭けるのですが、クリーナーが付いていない場所はコテコテしていて引っかかります。クリーナーで油分が溶けている証拠だと思います。拭き上げたチェーンはキレイなシルバーに。灯油と同じくらいの洗浄力ではないでしょうか。手間を考えると圧倒的にこちらのクリーナーがお手軽です。ブラシで擦るとより汚れが浮いて効果的だそうです。こちらもしっかり時間をかけて拭きあげることができれば、サラピンくらいの輝きを取り戻すまでキレイにできるのではないでしょうか。ワコーズ チェーンクリーナー
を使って汚れを浮かしておくと、もっと楽にチェーンをキレイにできるそうです。

仕上げにチェーンルブ

クリーナーでキレイになったフレームを触ると、油分がキレイになくなっているような感触。クリーナーを使った後のフレームは塗装が丸裸になっているような印象を受けました。フォーミングマルチクリーナーでキレイに洗った後は、汚れをつきにくくするため、フレームにワックスをかけてあげると良いかもしれません。

チェーンやスプロケットにもフォーミングマルチクリーナーを振りかけているので、再度オイルをひいておかなければなりません。ワコーズ チェーンルブを使い、チェーンとスプロケットに油分を与えます。チェーンオイルでも良いと思いますが、スプロケットにチェーンオイルを垂らすとゴテゴテになってしまいそうだったので、チェーンルブにしました。

チェーンルブを仕上げに散布

15分程度で軽く掃除をした割には、満足度の高い掃除ができました。特にチェーンは思ったより汚れが取れて気持ちがよかったですね。リヤスプロケットやプーリーなどはこすっておらず、クリーナーをかけて放置しただけでした。それでも塵などの汚れが流れていました。マルチクリーナーでもこれほど汚れが落ちるので、チェーンクリーナー使うとどれくらいキレイになるんだろう?と楽しみです。リヤディレーラーの裏側(タイヤ側)もキレイにするには、タイヤを外してもっと本格的に掃除しないとダメですね。

感想としては、水垢や泥、粉塵などの水性の汚れはバッチリ落ちてくれます。また、チェーンをはじめフレームについたオイルなど油性の汚れも落とす力を持っています。劇的に油分を溶かすのではなく、柔らかくしてくれるという感じですが、十分な洗浄力だと思います

こんなに簡単にメンテができるなら掃除の頻度も多くできそうです。1回の掃除で完璧を求めず、フォーミングマルチクリーナーで、毎週掃除を行うだけで汚れがこびり付かずキレイな状態を維持できるのかもしれませんね。

このクリーナーは吹き付ける場所を選ばず、気軽に使えるのでとてもおすすめです!1本持っていても損はしないと思いますよ!

  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)