淡路島ロングライド150(アワイチ)に行きたい!

アワイチに行きたい!

みなさんは「アワイチ」をご存知ですか?毎年9月に実施されている「淡路島ロングライド150」で淡路島を一周するサイクリングイベントのことです。また、イベントに関係なく淡路島を一周することも「アワイチ」と言うようです。イベントではエイドステーションと呼ばれる補給ポイントで、淡路島の特産品にちなんだ振る舞い品があったり、みんなで海沿いの美しい景色を眺めながら風を切って走るという自転車好きには堪らないイベントなのです。

ロードバイクの方がほとんどですが、クロスバイクやMTBでも参加OK!中にはミニベロや二人乗りのタンデム、シティサイクル(ママチャリ)で参加する人もいらっしゃるそうです。今回は「アワイチ」についてお伝えしたいと思います。

アワイチっていつあるの?

アワイチは毎年秋に開催されます。2014年は9月15日、2015年は10月25日、2016年は9月19日、2017年は9月18日と、ここ最近では2015年を除いて、9月の敬老の日あたりに開催されています。

イベントへのエントリーは事前に申し込みが必要です。2017年の場合、5月12日から受付を開始していました。参加人数は2,200名で、5月31日には定員に達して受付を終了しています。約半月でエントリーが満員になるという人気っぷり。こちらの記事を読んで「あ!参加したい!」と思っても今年のアワイチには参加できませんので悪しからず。

料金はお一人10,000円です。消費税と傷害保険料含むとありますので、1万円ポッキリです。ただし、荒天による大会中止による参加費の払い戻しは無いそうですので、台風が来たらアウト!「1万円よサヨウナラ」ということになってしまいます。参加資格は中学生以上。自転車は公道を走行可能な自転車があれば参加できます。

アワイチってどこで開催してるの?

アワイチマップ

awajishima-longride.jpより引用

スタート地点は、明石海峡大橋を渡ってすぐ近くにある「国営明石海峡公園」に設けられています。2,200名のサイクリストがこのスタートラインからスタートし、淡路島を一周してこの場所に戻って来ます。スタートは1分置きに約30台のグループごとにスタートします。一気に2,200人がスタートすると思っていたので「コワーっ!」と思っていましたが、安全にスタートできそうですね。

淡路島の外周であるシーサイドと一部山岳コースもあり、アップダウンもありのバリエーション豊かなコースを愛車で走ります。その距離150km。天候にもよりますが、晴れれば最高の景色が広がること間違いなしのコースです。

海沿いの平坦な道ばかりだと思っていましたが、5箇所ほど峠があります。キツいところでは最大で15%の勾配が待ち受けているとのことで、さすがに自転車を降りて押す参加者も多いのだとか。アワイチはタイムを競うレースではありませんので、自分のペースに合わせて楽しむことが目的です。無理をせずおしゃべりをしながら歩いて登る峠もなかなか良いのかもしれませんね。

受付は大会前日

大会当日は集合時間が4:45〜ととても早い時間です。そのため、受付は前日になっています。あらかじめ郵送されている「ゼッケン引換証」を持って、前日に受付を済ませてゼッケンを受け取らなければいけません。みなさん基本的には前日に淡路島に入って受付を済ませ、一泊してイベントに参加するという流れが多いようです。受付は13:00〜17:00まではメイン会場で。時間外受付として18:00〜20:00まで、ホテルエビスで行っているようです。イベントホームーページからダウンロードできる「委任状」があれば代理受付も可能なので、グループで参加する際には利用できそうですね。

大会の前日には、セレモニーやジャンケン大会、抽選会など盛り上がるイベントが盛りだくさん。ジャンケン大会ではクロスバイクやMTBが当たったり、そのほかにもお酒やTシャツ、タイヤやライトなど豪華な景品にみなさん大盛り上がりなようです。

前日の宿泊が必要となると2,200人が淡路島で宿泊するということです。となると前の日はどこのホテルも予約が一杯に。アワイチの参加を決めたら、すぐに宿泊場所を押さえておかないと車中泊になってしまう可能性も。ホテルでしっかり休んで参加したい人は、アワイチ参加=(イコール)すぐ宿泊場所の確保と心得ておきましょう。車中泊の方は淡路SAで泊まっておられる方が多いようですね。

いよいよスタート!

4:45に集合し、足に自信のある「カテゴリーA」とゆっくりライドを楽しみたい「カテゴリーB」に分かれて整列します。カテゴリーAの方は6:20分までにスタート。カテゴリーBの方は6:20以降にスタートとなるようです。順番は先着順みたいですね。スタート集合場所からスタートゲートまで約500mを徒歩で移動して、いよいよスタート!

ちょうど朝日が昇る時間帯で、美しい朝日を浴びながらスタートできるなんて最高ですね!

イベントに関係なく「アワイチ」するのも良いですが、是非一度「淡路島ロングライド150」に参加して、エイドステーションで「豚汁」を食べたいものです。

今年参加される方は来たる9月のアワイチを楽しんできてくださいね!最高の天候に恵まれますように!そしてアワイチに是非参加してみたいなぁと思った方、エントリーは来年の5月です。忘れないようにリマインダーに登録しておきましょう(笑)。

いつか参加できたら豚汁の写真を撮って、必ず記事にしたいと思います!

▼アワイチの公式ホームページはこちら▼
淡路島ロングライド150 公式ホームページ

  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
スポーツ - 自転車

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 上田 浩司 より:

    はじめまして!いつも為になる情報をありがとうございます。僕も去年からミストラルで自転車通勤しています!!そろそろ関西人サイクリスト憧れのアワイチしてみたいなぁっておもっていたところにこの記事を読んでいてもたってもいられなくなりました!!再来週の休みに天候に恵まれたらイッテみよううと思っています。

    1. chario より:

      上田さま

      初めまして、コメントありがとうございます!同じミストラル同士ですね^^。上田さんのように、イベントに関係なくアワイチされる方も結構多いようですね〜。羨ましいなぁ〜!交通規制がかかっていないので、車には十分注意してくださいね!まだまだ残暑も厳しいので水分補給も忘れず楽しんできてください!

      生しらす丼も押さえておかないとですね(笑)

      またどんな感じで走れたか、よければ教えてくださ〜い!

      1. 上田 より:

        こんにちは 8月30日にミストラルで淡路島 一周してきまましたので、報告させていただきます。朝4時前に自宅の尼崎を出発して(もちろん自走で)6時20分発のジェノバラインで明石を出港しました。岩屋から国道28号で快調に飛ばして、洲本に8時頃到着、休憩を取り洲本まで体の様子をみて28号でそのまま福良を目指そうかとも思っていましたが、体も快調だったので、迷わず県道76号へ そこからが地獄の始まりでした。由良を越えた辺りからの登りが始まり一気に速度が落ち体力の消耗が激しくなりました。なんとか謎のパラダイスを越え 今度は一気に下っていきます。ハンドルをとられないように ブレーキをかけ安全運転でようやくモンキーセンター前を通過。2度ほど山道を越えようやく福良へ お昼前の到着でした。何か淡路島名物でも食べようと考えていたのですが、お店を探す元気も無く、コンビニのイートインでおにぎり弁当で済ましてあとは無事に帰り着く事だけを考え 道の駅うずしおをパス 県道31号でひたすら岩屋を目指しました。海沿いの景色も快調な時は気持ちいいんですが、消耗しきった体では、とても単調に感じました。しかし、岩屋にたどり着いた時の達成感は半端無いですよ。
        岩屋到着後 直ぐに高速船出港時刻(午後4時だった気がする)でしたんでお土産も何も買わず 15分ほどで明石港へ
        そこから自宅まで行きの倍ほど時間をかけて帰る着けました。走行距離は244キロ。高速船の距離を含んでますが、今まで大津往復180キロが最高だったんで大きく記録更新できました。もっとも観光は一切できなかったので、次回は、余裕を持って目的地を決めて行きたいと思いました。
        長文になり失礼しました。まだまだ暑いので charioさんもお体お気をつけください。

        1. chario より:

          上田さま
          アワイチのレポートありがとうございます!!
          いやー驚きました。お話を伺っているだけで、僕も連れて行ってもらったような気分ですね^^。
          登り、結構キツそうですね。ホイールは軽めが良いのかなぁ〜。ギヤの選定もしっかりしないとですね。

          海沿いの道も体力によっては単調に感じるのですね〜。
          しかし、244kmの走行距離、ほんとすごいです!膝、痛く無いですか??

          ゆっくり体を休めてくださいね!
          おめでとうございます!!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)